メインメニューを開く

小畑 勇二郎(おばた ゆうじろう、1906年9月19日 - 1982年10月5日)は日本の政治家。位階従三位勲等勲一等秋田県知事を6期24年務め、秋田県の発展に尽力した。

小畑勇二郎
おばた ゆうじろう
生年月日 1906年9月19日
出生地 秋田県北秋田郡早口村
没年月日 (1982-10-05) 1982年10月5日(76歳没)
出身校 旧制秋田中学校
前職 秋田市助役
所属政党 無所属
称号 従三位勲一等瑞宝章

Flag of Akita Prefecture.svg 第3-8代 秋田県知事
当選回数 6回
テンプレートを表示

来歴編集

生い立ち編集

1906年9月19日、秋田県北秋田郡早口村(現・大館市)に生まれ、1924年、旧制秋田中学校(現・秋田県立秋田高等学校)を卒業。

小学校代用教員から、1928年、故郷の早口村書記を経て、1939年秋田県庁に入庁。民生部長・総務部長を歴任し、1951年の第2回秋田県知事選挙に立候補。現職知事の蓮池公咲保守系議員が推す土木部長の池田徳治に敗れる。

1951年から秋田市助役を務め、1955年、池田徳治の引退に伴う第3回秋田県知事選挙に立候補し、保革双方の支援を受けて圧倒的多数で当選した。

秋田県知事編集

秋田県知事就任後は、秋田県の財政再建、八郎潟干拓秋田空港の開港、国民体育大会の開催、秋田経済大学(現・ノースアジア大学)の開学、秋田大学医学部の開設、秋田湾地区新産業都市開発事業の推進、生涯教育の推進、秋田県立農業短期大学の開設、秋田県立脳血管研究センターの設立、秋田県立博物館の設立など数々の業績を残した。

1978年11月20日、その翌年の第9回統一地方選挙での引退を表明し、1979年4月に県知事を引退した。

政界引退後編集

引退後は、学校法人秋田経済大学理事長として学校運営に専念した。1979年11月3日には勲一等瑞宝章を受章する。

1982年10月5日死去。76歳没。

逝去後に従三位に叙された。

家族編集

甥の小畑元は、元大館市長