メインメニューを開く

池田 徳治(いけだ とくじ、1891年8月20日 - 1965年4月1日)は日本の政治家

経歴編集

1891年(明治24年)秋田市保戸野本町に生まれる[1]秋田県立秋田中学校(旧制)、第二高等学校 (旧制)東京帝国大学工科大学[1]内務省東北土木出張所長、秋田県土木部長を経て[1]、秋田県初代公選知事蓮池公咲及び自由党民主党の推薦を得て1951年(昭和26年)の県知事選挙に出馬、小畑勇二郎を破る。以後1期4年にわたり秋田県知事を務めた。在任中の1954年(昭和29年)、秋田県出身の衆議院議員石田博英同席のもと、当時の首相吉田茂と会談し、八郎潟干拓事業の早期着工を要請している[2]。知事退職後は、秋島建設会長、全建興業社長などを務める[1]1965年(昭和40年)、心臓麻痺のため73歳で逝去。

脚注編集

  1. ^ a b c d 井上隆明監修、塩谷順耳ほか編『秋田人名大事典』秋田魁新報社、2000年、第2版、p.37。ISBN 4-87020-206-9
  2. ^ 今村都南雄 「過去の調査のフォローアップ」、公益財団法人 地方自治総合研究所 2010年のコラム