メインメニューを開く

蓮池 公咲(はすいけ こうさく、1902年8月24日 - 1968年1月15日)は日本の政治家秋田県知事を務めた。

生涯編集

新潟県出身。旧制新潟高校(現・新潟大学)では陸上部主将を務めた。1928年に東北帝國大学(現・東北大学法学部を卒業して農林省に入省、1946年に官選の秋田県知事に就任。引き続き、翌1947年の公選の県知事選挙に出馬して当選。1期4年を務め、後継に池田徳治を指名して引退した。1950年から2年半にわたり東北興業(現・三菱マテリアル)の総裁を務め、いち早くセメント製造用のシャフトキルンを導入した。その後、酪農振興基金理事長などを務めている。1968年肺性心のため65歳で逝去。