小笠原長経

日本の鎌倉時代前期の武将

小笠原 長経(おがさわら ながつね)は、鎌倉時代前期の武将。鎌倉幕府御家人小笠原長清の子[2]

 
小笠原長経
時代 鎌倉時代前期 - 中期
生誕 治承3年5月17日1179年6月23日
死没 宝治元年11月5日1247年12月3日
改名 豊光丸[1]
別名 弥太郎、小笠原入道、高倉入道長禅[2]
官位 従四位上[2]遠江[2]信濃[2]阿波[2]民部大輔[2]弾正少弼[2]侍従[2]
幕府 鎌倉幕府 阿波国守護[2]
主君 源頼家
氏族 甲斐源氏小笠原氏
父母 父:小笠原長清、母:藤原邦綱の娘?[1]
兄弟 長経伴野時長大井朝光大倉長澄
黒坂朝信の娘、家女房、平重衡の娘[3]
七郎長村長忠[2]長房赤沢清経
テンプレートを表示

生涯編集

父とともに文治5年(1189年)の奥州合戦に従軍。その後は二代将軍源頼家の近習として仕え、流鏑馬の射手を務めている。正治元年(1199年)4月、頼家が十三人の合議制に反発して指名した目通りが許される5人の近習[4]にも選ばれている。同年8月、頼家が安達景盛の愛妾を奪ったことで両者が対立すると、頼家の命を受けて安達邸を包囲したが、北条政子に制止されている(『吾妻鏡』)。

建仁3年(1203年)9月、比企能員の変では、比企氏方として拘禁された。その後鎌倉を引き払ったと見られ、鎌倉では弟の伴野時長が小笠原氏の嫡家として重用されている。

承久3年(1221年)、承久の乱で父長清は鎌倉方の大将軍として子息8人と共に京へ攻め上り、京都軍と戦った。乱後の貞応2年(1223年)、長経は父の跡を継いで阿波国守護となっており、5月27日、土御門上皇土佐国から阿波国への還御にあたって、対応を命じられている。元仁元年(1224年)同国麻殖の地頭として、預所の左衛門尉清基との訴訟に勝利した。安貞元年(1227年)2月13日、上皇の御所新造にあたり、寝殿の担当を命ぜられた。

出家して小笠原入道と称され、宝治元年(1247年)5月9日、京都の新日吉社で行われた流鏑馬の神事を務めている(『葉黄記』)。

宝治元年(1247年)11月5日、69歳で死去[2]

関連作品編集

テレビドラマ

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 小笠原氏の系図より.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 今井尭 1984, p. 273.
  3. ^ 小笠原氏の系図では次男の赤沢清経の母とある
  4. ^ 他の近習は『吾妻鏡』には比企三郎比企時員中野能成の3人が挙げられており、残りの1人については北条時房を推定する見解がある。『北条九代記』では長経の他に比企三郎・和田朝盛・中野能成・細野四郎の4人が挙げられている。

参考文献編集

  • 今井尭「小笠原系図」 『日本史総覧』 3(中世 2)、新人物往来社、1984年。 NCID BN00172373 

関連項目編集