小笠原 長育(おがさわら ながなり、安政6年11月28日1859年12月21日) - 明治28年(1895年1月9日、満35歳没)は、日本の子爵大正天皇東宮侍従を務めた人物。

経歴編集

越前勝山藩信嶺系小笠原家10代・小笠原長守の長男として生まれる。

1873年(明治6年)5月17日、父の隠居に伴い旧勝山藩主家の家督を継いだ[1]1884年(明治17年)7月8日に子爵を叙爵[2]。次いで慶應義塾に入学し、慶應義塾大学部を卒業した[3]。子爵華族の中で高い地位と発言力を持ち、明治維新後の初期の帝国議会で子爵会規則の起草などに参加した。また、1890年(明治23年)に開かれた華族の研究団体である華族同方会では『武勇論』、『軍備要論』とする大日本帝国軍人のモラルを論じる演説、論文を発表するなど、貴族院議員で無いにも関わらず、特にタカ派として創成期の帝国軍華族に対して強い発言力を持った。

また、1893年(明治26年)12月に東宮より小学生のための遊具として『尚武須護陸』(しょうぶすごろく)を刊行[4]靖国神社を上がりとする人生双六を考え出した。独自の強兵論と新政府軍への軍事顧問としての持論を持っていた。

親族編集

父は小笠原長守。妻は小久保藩主・田沼意尊の次女・路。子に勁一(貴族院議員)、妹・養女に麗子(土井利剛夫人)らがいる[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『平成新修旧華族家系大成』上巻、348-349頁。
  2. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  3. ^ 『慶應義塾入社帳第1巻679項、第5巻261項』
  4. ^ 「尚武須護陸」に読みとる歴史 大濱徹也

参考文献編集

日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
勝山小笠原家初代
1884年 - 1895年
次代:
小笠原勁一