メインメニューを開く

尚樹 啓太郎(しょうじゅ けいたろう、1927年3月30日[1]-2010年7月13日)は、日本歴史学者。東ローマ帝国史が専門。

来歴編集

東京大学文学部西洋史学科卒。1957年同大学院博士課程満期退学。1958年東海大学文学部講師、61年助教授、68年教授、文学部長、82年副学長を務め、1996年定年退任、名誉教授。渡辺金一一橋大学名誉教授)とともに日本における東ローマ帝国研究を第一世代として開拓した[2]

著書編集

  • 『教会堂の成立 キリスト教世界の歴史的記念碑序説』東海大学出版会 東海大学文明研究所シリーズ 1968
  • カテドラルのある風景』東海大学出版会 1982
  • コンスタンティノープルを歩く』東海大学出版会 1988
  • 『ビザンツ東方の旅 トルコ・アルメニア・シリア・イスラエル・エジプト・キプロス』東海大学出版会 1993
  • ビザンツ帝国史』東海大学出版会 1999
  • 『ビザンツ帝国の政治制度』東海大学出版会 2005

共編著編集

  • 『西洋史の諸問題』兼岩正夫共著 東海大学出版会 1965
  • 『歴史における文明の諸相』 東海大学出版会 1971
  • 『西洋史30講』 東海大学出版会 1985

翻訳編集

  • ピエール・クルセル『文学にあらわれたゲルマン大侵入』東海大学出版会 1974
  • ピエール・ミルザほか『フランス その人々の歴史』全4巻 里見元一郎、福田素子共訳 帝国書院 全訳世界の歴史教科書シリーズ 1980
  • エレーヌ・アルヴェレール『ビザンツ帝国の政治的イデオロギー』東海大学出版会 1989

参考編集

  • 尚樹啓太郎教授経歴・主要著作目録 [東海史学] 1996

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ 「歴史としてのヨーロッパ・アイデンティティ」京都大学大学院文学研究科