メインメニューを開く

尼子 秀久(あまご ひでひさ)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将尼子氏毛利氏の家臣。

 
尼子秀久
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 生年不明
死没 慶長14年12月2日1609年12月27日[1]
改名 百童子[1]→八郎四郎(幼名[2][1]→秀久→常心(法名)[1]
別名 四郎兵衛尉[2][1]
戒名 藤樹院殿喬山乗心大居士[1]
墓所 山口県阿武町奈古の大覚寺
幕府 室町幕府江戸幕府
主君 尼子晴久義久毛利元就輝元
氏族 尼子氏
父母 父:尼子晴久[1]、母:尼子国久[2]
兄弟 千歳[2][3]義久[1]倫久[1]秀久
三沢為清室、女子[1]
テンプレートを表示

略歴編集

尼子晴久の四男として誕生。天文23年(1554年)に月山富田城にて連歌会が行われた際に、参前祈祷会が執り行われたという記録があり、これが秀久のことを示していると思われる。

永禄5年(1562年)から毛利氏による出雲国侵攻を受け、最終的に月山富田城に籠城すると、秀久は宇山久兼佐世清宗らを率いて菅谷口を守備し、小早川隆景らと戦うが一歩も引かず奮闘した。永禄9年(1566年)、兄であり当主・義久は降伏し月山富田城は開城。秀久も兄に従い安芸国に移送され、長きにわたり幽閉されることとなる。

天正17年(1589年)に幽閉が解かれると客分として毛利氏に遇され、安芸国内に居館を構えた。以後毛利家臣として、豊臣氏による文禄・慶長の役にも従軍している。

慶長14年(1609年)に長門国阿武郡奈古において死去した[1]。子孫は後に佐近姓(又は佐古姓)を名乗り、福定村[4]へと土着した[5]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 今井尭 1984, p. 327.
  2. ^ a b c d 『月山富田城尼子物語 -尼子ハンドブック-』 安来市観光協会
  3. ^ 又四郎?、夭折。
  4. ^ 現在の鳥取県境港市福定町。
  5. ^ 『福定町誌まがりまつ』

参考文献編集

  • 今井尭『日本史総覧』3(中世 2)、新人物往来社、1984年。NCID BN00172373