尾張草香

古代の地方豪族・尾張氏の首長
 
尾張草香
時代 古墳時代
生誕 不明
死没 不明
墓所 愛知県名古屋市熱田区断夫山古墳?
氏族 尾張
父母 父:尾張岐閉
目子媛
テンプレートを表示

尾張 草香(おわり の くさか)は、古代の地方豪族・尾張氏の首長。。尾張岐閉(黄畔)の子とする系図がある[1]

継体天皇の最初の妃であったとされる目子媛(めのこひめ)の父親で、安閑宣化両天皇の外祖父にあたる。断夫山古墳が彼の墓であるとの説がある。

草香が登場する歴史書編集

又娶尾張連等之祖、凡連之妹、目子郎女
元妃、尾張連草香女曰目子媛
元妃尾張連草香女、曰目子媛、生二子矣

脚注編集

  1. ^ 『尾張氏系図』宮内庁書陵部所蔵(宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年 による)