尾石 達也(おいし たつや、1970年3月28日 - )は日本アニメーターアニメ演出家アニメ監督愛知県出身[1]

おいし たつや
尾石 達也
本名 尾石 達也
生年月日 (1970-03-28) 1970年3月28日(47歳)
出生地 日本の旗 日本愛知県
職業 アニメーション演出家
アニメーター
アニメ監督
ジャンル テレビアニメ映画
活動期間 1991年 -
主な作品
ぱにぽにだっしゅ!』(オープニングディレクター)
ネギま!?』(オープニングディレクター)
さよなら絶望先生』(オープニングディレクター)
ひだまりスケッチ』(プロダクションデザイナー)
まりあ†ほりっく』(オープニングディレクター)
化物語』(シリーズディレクター・オープニングディレクター・本編絵コンテ/演出)
傷物語』(監督・絵コンテ・演出)

目次

来歴編集

東京デザイナー学院を卒業後スタジオジュニオを経てガイナックスに所属し原画マンデビュー。ガイナックス時代の同期には守岡英行吉成曜らが居る。その後フリーとなり、2001年には『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』で演出家デビューを果たした。

1999年に『てなもんやボイジャーズ』で原画を担当して以来、新房昭之監督作品に多く携わるようになる(ちなみに新房は『幽☆遊☆白書』の絵コンテ・演出も担当していた)。

以降、『ぱにぽにだっしゅ!』『さよなら絶望先生』『まりあ†ほりっく』等の特徴的なオープニングアニメーション演出を手掛ける[2]

2009年には『化物語』にてシリーズディレクターを務めた[3]

作風編集

自身の作風は印象派だと述べている。[4]映像作家としては、

  • 実写取り込み映像をアニメ中に多く使用する(仏像や念仏などを取り入れることも多い)
  • ”色”を印象的に前面に押し出した演出
  • 唐突な別絵柄のカット
  • OP映像感覚の短いカット構成
  • 文字のみの画面
  • 独特で大胆な構図

など多数斬新な手法で知られる。これらの作風は新房昭之作品に関わるようになってから新房監督の演出の影響によるものである。他にも映像作家としては自作の絵コンテの使用があるが、用紙も作るため非常に作品作りに時間がかかる事でも知られ、制作が遅れ作画崩壊をも引き起こすことは稀ではない。「傷物語」も、絵コンテの制作に数年かかっている。本人も自覚的なようで、「傷物語」時には原作者に完成まで顔向けできないと考えていたようである。同じくシャフトの作品に多く携わる龍輪直征氏には「シャフトの富樫」と呼ばれた。しかし新房監督自身は「尾石さんは昔の俺みたいで文句言えないんだよね。幽○白書のとき、俺も自分の話数(のクオリティを)まもるために散々暴れてたから」[5]と話している。

主な参加作品編集

テレビアニメ編集

劇場版アニメ編集

OVA編集

その他編集

脚注編集

  1. ^ 「この人に話を聞きたい 第135回」『アニメージュ』vol.388、2010年10月号、徳間書店2010年
  2. ^ アニメ新表現宣言!新房監督作品の奥にアニメ表現の最先端を見た!”. bonet. 2015年10月4日閲覧。
  3. ^ 「化物語」続編の「傷物語」はテレビアニメではなく映画か”. GIGAZINE. 2015年10月4日閲覧。
  4. ^ 傷物語 熱血篇 ビジュアルガイドブックより
  5. ^ http://www.geocities.co.jp/Bookend/9106/geodiary2007.1.html

関連項目編集