メインメニューを開く

尾茂田 叶(おもだ かの、1909年10月19日 - 1997年1月7日[1])は、アメリカ合衆国ハワイ準州Territory of Hawaiiホノルル生まれのプロ野球選手[2]。ポジションは外野手。アメリカ人日系2世。

尾茂田 叶
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ハワイ準州オアフ島ホノルル
生年月日 (1909-10-19) 1909年10月19日
没年月日 (1997-01-07) 1997年1月7日(87歳没)
身長
体重
170 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1937年
初出場 1937年
最終出場 1939年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

来歴・人物編集

12歳の時父の故郷である広島県に引き揚げ、その後母の故郷・愛媛県に移る[2]。日本に来てから野球を始めた。松山商業では1928年第5回選抜中等学校野球大会へ出場。1931年の第17回全国中等学校優勝野球大会ではベスト4。その後明治大学を経て、1937年東京セネタース横沢三郎監督に勧誘され入団。1938年秋季リーグで打率.300を打ち、リーグ3位の打率を記録した。1番苅田久徳とのノーサインでのヒットエンドランを得意とした。守備範囲の広い名外野手で、松山商業時代にコーチから受けた砂場の特訓で身に付けた回転捕球法は尾茂田の看板プレーだった[2]1939年に退団し、1940年に召集を受け南方戦線に送られる。戦地で腸チフスを患いながら生き抜き、ニューギニアで終戦を迎える。

終戦後、市岡忠男から巨人に勧誘されたが進駐軍の仕事についていたため断り、母校松山商業や社会人野球丸善石油愛媛相互銀行で監督を務めた。その後、外国人相手に道後温泉ボランティアガイドを務めた[2]。1997年、松山市で死去。享年87歳。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1937 東京セネタース 56 246 224 25 53 6 7 1 76 31 14 -- 4 -- 17 -- 1 30 -- .237 .293 .339 .633
1937 48 214 191 25 41 8 3 2 61 20 9 -- 1 -- 21 -- 1 24 -- .215 .296 .319 .615
1938 31 134 121 10 35 4 2 1 46 20 2 -- 0 -- 13 -- 0 13 -- .289 .358 .380 .738
1938 40 175 150 21 45 10 0 1 58 23 5 -- 0 -- 23 -- 2 21 -- .300 .400 .387 .787
1939 96 419 366 39 101 16 4 4 137 56 10 -- 4 4 44 -- 1 39 -- .301 .383 .408 .791
通算:3年 271 1188 1052 120 275 44 16 9 378 150 40 -- 9 4 118 -- 5 127 -- .261 .339 .359 .698
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号編集

  • 5 (1937年 - 1939年)

脚注・出典編集

  1. ^ 『朝日新聞』1997年1月9日朝刊愛媛版「尾茂田叶氏死去」
  2. ^ a b c d 永田陽一 『ベースボールの社会史』 東方出版 1994年、p251-252

関連項目編集