メインメニューを開く
  国頭。うち沖縄本島部分が山原に当たる。
山原の風景(金剛石林山)。

山原(やんばる)は、沖縄県沖縄本島北部の、森林など自然が多く残っている地域である。また、沖縄本島の名護市以北を単にさすこともある。明確な区分はないが、恩納村金武町を含んで以北がおおよその範囲である。これは、三山時代北山の領地にほぼ等しい。中心都市は名護市

目次

地理編集

市町村編集

およそ国頭(≒名護市+国頭郡)のうち沖縄本島地域に当たる。市町村は以下を含む(市町村コード順)。

統計編集

面積は約764平方キロメートル、人口は約12万人である。

地形編集

これ以南の中南部地域が隆起珊瑚礁からなる低い丘陵地で、明確な山は存在せず、川がほとんどないのに比べ、この地域は低いながらも山並みが続き、多くの河川がある。

自然編集

山原の名を持つ生物に、以下のようなものがある。

この他にもノグチゲラハナサキガエルなど、山原固有種も多く存在する。そのため、山原は「東洋のガラパゴス」と称されている。

 
やんばる野生生物保護センター「ウフギー自然館」
 
ヤンバルクイナ生態展示学習施設 クイナの 森入り口

自然保護施設編集

  • やんばる野生生物保護センター「ウフギー自然館」
  • ヤンバルクイナ生態展示学習施設 クイナの森

関連項目編集

外部リンク編集