山口和雄 (経済学者)

山口 和雄(やまぐち かずお、1907年1月20日 - 2000年5月1日)は、日本の経済史学者。東京大学名誉教授。日本経済史・経営史を専門とし、幕末・明治の経済史を研究した[1]

経歴編集

栃木県生まれ、千葉県出身。1932年東京帝国大学経済学部卒。1935-1945年、アチック・ミューゼアムの研究員を務める。戦後、北海道大学法文学部助教授、同経済学部教授を経て、1957年東京大学経済学部教授。1959年「日本漁業史研究」で東大経済学博士。1967年定年退官、名誉教授、明治大学教授となり、1977年創価大学教授。三井文庫館長も務めた。日本学士院会員。1967年『日本産業金融史研究 製糸金融篇』で日経・経済図書文化賞受賞。1979年勲三等旭日中綬章受勲。

著書編集

  • 『幕末貿易史』中央公論社 1943
  • 『日本漁業史』生活社 1947 東京大学出版会 1957
  • 『日本漁業経済史研究』北隆館 1948
  • 『明治前期経済の分析』東京大学出版会 1956
  • 『日本の漁業』弘文堂 アテネ新書 1959
  • 『日本経済史講義』東京大学出版会 1960
  • 『日本産業金融史研究 製糸金融篇』東京大学出版会 日本産業経済研究叢書 1966
  • 『経済学全集 第12 日本経済史』筑摩書房 1968
  • 『貨幣の語る日本の歴史』そしえて文庫 1979
  • 『日本の紙幣』保育社 カラーブックス 1984
  • 『近代日本の商品取引 三井物産を中心に』東洋書林 1998

共編著編集

  • 『現代日本産業発達史 第19 水産』編 現代日本産業発達史研究会 1965
  • 『商工政策史 第5-6巻 貿易』編 商工政策史刊行会 1965-71
  • 農商務省農務局原編『製糸諮詢会紀事』編 東京大学経済学会 東京大学経済学部日本産業経済研究資料 1965
  • 『日本産業百年史』服部一馬宮下武平中村隆英向坂正男共編 日本経済新聞社 1966 『日本産業史』2巻 日経文庫 1994
  • 『日本経済経営史年表』土屋喬雄共編 日本経済新聞社 1968
  • 『明治初年の貿易統計』大内力共編 東京大学経済学会 日本産業経済研究資料 1968
  • 『日本産業金融史研究 紡績金融篇』編著 東京大学出版会 東京大学産業経済研究叢書 1970
  • 『日本産業金融史研究 織物金融篇』編著 東京大学出版会 東京大学産業経済研究叢書 1974
  • 三井銀行史料』共編 日本経営史研究所 1977-1978
  • 『本邦商業会議所資料』編集 雄松堂フィルム出版 1979
  • 『近代日本の商品流通』石井寛治共編 東京大学出版会 東京大学産業経済研究叢書 1986

記念論文集編集

  • 『資本主義の形成と発展 山口和雄博士還暦記念論文集』大塚久雄等編 東京大学出版会 1968

脚注編集