メインメニューを開く

山口 壽一(やまぐち としかず、1957年3月4日 - )は、日本ジャーナリスト新聞記者実業家読売新聞グループ本社代表取締役社長、読売新聞東京本社代表取締役社長。

山口 壽一
生誕 (1957-03-04) 1957年3月4日(62歳)
日本の旗 日本東京都
教育 早稲田大学政治経済学部
職業 新聞記者
活動期間 1979年 -
代表経歴 読売新聞グループ本社
読売新聞東京本社
両社 代表取締役

人物編集

東京都出身。早稲田大学政治経済学部を経て1979年に読売新聞社へ入社[1]

新聞記者としては社会部や司法担当が長く、法務省(司法)記者クラブでは読売新聞社キャップを務めていたこともある[2]

2002年に読売新聞社が持株会社を創設してグループを再編成した際には、新設された読売新聞グループ本社法務部長に就き、同社の法務事務の責任者となった[3]。以後は2009年にグループ本社執行役員、2011年にグループ本社社長室及び兼東京本社の常務取締役(法務・コンプライアンス担当)、2012年に東京本社専務取締役に就く[3]

2015年、白石興二郎の後を継いで読売新聞東京本社代表取締役社長に就任[1]。2016年には白石の後を継いで読売新聞グループ本社代表取締役社長に就任して現在に至る[3][4]

また日本相撲協会の理事(外部招聘)を2016年より務めている[5]

2018年7月18日、老川祥一の後を引き継いで第8代読売巨人軍球団オーナーに就任した[6]

2019年、日本新聞協会会長に就任[7]

脚注編集