メインメニューを開く

山口 孫一(やまぐち まごかず[1][2]1908年明治41年)4月27日 - 1970年昭和45年)10月31日[3])は、日本の銀行家紀陽銀行頭取[4]、大阪植木社長[5]大日本除虫菊取締役[4]、白浜温泉ホテル監査役[6]を務めた。父は紀伊貯蓄銀行頭取を務めた山口孫七

経歴・人物編集

和歌山県海草郡山口村(現・和歌山市)出身。山口孫七の長男[5]1931年東京農業大学農学部卒業[4]。大日本除虫菊監査役・取締役・専務を経て、1949年紀陽銀行取締役、1952年常務、1955年頭取[4]

趣味は美術工芸品、ゴルフ[4]、運動、煙草[5]。宗教は浄土宗[4][5]

家族・親族編集

山口家

和歌山県海草郡山口村、大阪府泉北郡高石町[4]

親戚

脚注編集

  1. ^ WebCatPlus
  2. ^ 『県民の友』391(和歌山県広報課、1970)
  3. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』1291頁。
  4. ^ a b c d e f g h 『大衆人事録 第二十三版 西日本編』や848頁。
  5. ^ a b c d e 『人事興信録 第15版 下』ヤ19頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年12月6日閲覧。
  6. ^ a b c d e 『人事興信録 第13版 下』や85頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年1月9日閲覧。

参考文献編集

  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 下』人事興信所、1941年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第15版 下』人事興信所、1948年。
  • 広瀬弘『大衆人事録 第二十三版 西日本編』帝国秘密探偵社、1963年8月10日。
  • 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年。