メインメニューを開く

山室 勇臣(やまむろ ゆうしん、1917年大正6年)8月31日 - 2016年平成28年)2月27日 )は、日本銀行家教育者三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)副頭取を務めた後、財団法人国際教育振興会理事長、ダイヤモンドリース(現・三菱UFJリース)社長・会長・相談役、国際大学第4代理事長[1]

やまむろ ゆうしん
山室 勇臣
生誕 (1917-08-31) 1917年8月31日(102歳)
日本の旗 日本 東京府
出身校 慶應義塾大学経済学部
職業 銀行家

概観編集

東京府生まれ。

大東亜戦争の勃発した前年の1940年昭和15年)7月、第七回日米学生会議では、宮澤喜一東京帝国大学)、山崎秀之神戸商科大学)、苫米地俊博東京商科大学)の3名と共に日本側学生として参加。総務委員長を務めたが、特高警察が「この国家非常時に、毛唐と一緒に騒ぎ立てるとは何事か」と叱責を受ける[2]

三菱銀行入行以来、八重洲口ニューヨークの各支店長、本店次長を経て調査、国際の両部長を歴任。三菱の国際化戦略を担当。頭取レースを伊夫伎一雄と争い、敗れるとダイヤモンドリースの会長という閑職に就いていたが、学校法人国際大学の理事長に就任。役員として任務に当たる。

経歴編集

脚注編集

  1. ^ 『日経会社人名ファイル』,日本経済新聞社,1991年 - P.757
  2. ^ 『太平洋にかける橋: 日米戦うべからず』,潮書房光人社,1989年 - P.302

関連項目編集

登場作品編集

先代:
苫米地俊博
国際大学理事長
第4代:1991年 - 1995年
次代:
杉原泰馬