山崎 雅弘(やまざき まさひろ、1967年[1] - )は、日本の文筆家(戦史現代史研究家[2])、地図職人、グラフィックデザイナーシミュレーションゲームデザイナー。既婚[3]

人物編集

大阪出身。東京大学文学部卒業。2009年2月時点では、『歴史群像』の近現代史関連の記事をほぼ毎号執筆している。

ボード・ウォー・シミュレーションゲーム関連では、1989年に最初にデザインした『バルバロッサの場合』がホビージャパン社発行のゲーム雑誌『タクテクス』誌主催のオリジナル・ゲーム・コンテストで入賞し、同誌第65号に付録ゲームとして収録された。また1992年に『Stalingrad Pocket』(The Gamers)でチャールズロバーツ賞(ウォーゲーム部門最優秀ゲーム賞)をディーン・N・エスイグとの共同で受賞した。1994年に2人の仲間とシミュレーション・ゲーム同人誌『シックス・アングルズ』を創刊。1996年に国際通信社でシミュレーション・ゲーム専門誌『コマンドマガジン日本版』の編集業務に携わった。

2019年に竹田恒泰を、その著作を根拠に「差別主義者」と指摘した事について竹田から名誉毀損で提訴されたが2021年、「公正な論評」として竹田の訴えは棄却[4]。竹田は判決を不服として控訴[5]、上告したが2022年4月、不受理・上告棄却(三行決定)に終わった[6]

活動編集

グラフィックデザイン編集

  • 2000年から2006年にかけて、米国のOSG社やサンセット・ゲームズ社などから出版のボードゲームの外箱や駒などをデザインしていた。

シミュレーションゲーム編集

  • 『バルバロッサの場合』タクテクスNo.65 1989年[7],ホビージャパン
  • 『キエフ攻防戦』タクテクスNo.75 1990年
  • 『ハリコフ大戦車戦』翔企画 1991年
  • 『Zitadelle: Duel for Kursk』米国3W社 1991年
  • 『Stalingrad Pocket』米国The Gamers社 1992年、フランスでもOriflam社からライセンス生産
    • 『スターリングラード・ポケット』Command Magazine 別冊第5号 1997年
  • 『War for the Motherland』米国FGA社 1992年
    • 『奉天会戦』Command Magazine第16号 1997年
  • 『Army Group Center』米国3W社 1993年
  • 『Crimean Shield』米国3W社 1993年
  • 『Goetterdaemmerung: Fall of Berlin 1945』米国Clitical Hit社 2001年

著作編集

単行本編集

  • 『中東戦争全史』(学研パブリッシング、2001年)のち『[新版]中東戦争全史』朝日文庫、2016年
  • 『現代紛争史』(学研パブリッシング、2001年)
  • 『歴史で読み解くアメリカの戦争』(学研パブリッシング、2004年)
  • 『完全分析 独ソ戦史』(学研パブリッシング、2007年)のち『[新版]独ソ戦史』朝日文庫、2016年
  • 『詳解 西部戦線全史』(学研パブリッシング、2008年)のち『[新版]西部戦線全史』朝日文庫、2018年
  • 『図解でわかる11大近代戦』(PHP研究所、2008年)
  • 『ドイツ軍名将列伝』(学研パブリッシング、2009年)
  • 『ロンメル戦記』(学研パブリッシング、2009年)
  • 『ポーランド電撃戦』(学研パブリッシング、2010年)
  • 『宿命の「バルバロッサ作戦」』(学研パブリッシング、2011年)
  • 『世界は「太平洋戦争」とどう向き合ったか』(学研パブリッシング、2012年)
  • 『クルスク大戦車戦』(潮書房光人社、2014年)
  • 『戦前回帰 ―「大日本病」の再発―』(学研教育出版、2015年)のち『[増補版]戦前回帰 「大日本病」の再発』朝日文庫、2018年
  • 日本会議 戦前回帰への情念』(集英社新書、2016年)
  • 『5つの戦争から読み解く日本の近現代史』(ダイヤモンド社、2016年)
  • 「天皇機関説」事件』(集英社新書、2017年)
  • 『1937年の日本人』(朝日新聞出版、2018年)
  • 歴史戦と思想戦 ―歴史問題の読み解き方―』(集英社新書、2019年)
  • 『沈黙の子どもたち ─軍はなぜ市民を大量殺害したか―』(晶文社、2019年)
  • 『中国共産党と人民解放軍』(朝日新書、2019年)
  • 『東西冷戦史(一) 二つに分断された世界』(アルタープレス、2019年)
  • 『独ソ戦のすべて』(監修、宝島社、2020年)
  • 『第二次世界大戦秘史』(朝日新書、2022年)
  • 『未完の敗戦』(集英社新書、2022年)
  • 『太平洋戦争秘史』(朝日新書、2022年)

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集