山田 富士郎(やまだ ふじろう、1950年11月4日 - )は、歌人新潟県出身・在住。「未来」選者。本名、山田富士雄[1]

人物編集

新潟市キリスト教徒の家系に生まれる。立教大学文学部日本文学科卒業。在学中は井上宗雄に中古中世和歌を学んだ。藤田湘子に師事して俳句を作った後、1981年頃より短歌に転向。1985年未来短歌会に入会し、岡井隆に師事。

1987年、連作「アビー・ロードを夢みて」で第33回角川短歌賞を受賞。1991年、歌集『アビー・ロードを夢みて』で第35回現代歌人協会賞を受賞。2001年、歌集『羚羊譚』で第6回寺山修司短歌賞と第1回短歌四季大賞を受賞。1999年に新潟県在住の超結社研究会「うたの会」を立ち上げ、現在代表。「歌壇」にて、新潟県出身の歌人・會津八一の評伝を連載した。

著書編集

代表歌編集

  • さんさんと夜の海に降る雪見れば雪はわたつみの暗さを知らず/『アビー・ロードを夢みて』
  • 異星にも下着といふはあるらむかあるらめ文化の精髄なれば/同上(2010年12月5日朝日新聞天声人語」に引用された。)
  • 兄妹(けいまい)のくちづけのごとやさしかるひかり降る墓地 手放しに泣く/同上

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.468

外部リンク編集