メインメニューを開く

山田 義昭(やまだ よしあき、1949年1月1日 - )は、日本テロ組織である日本赤軍の元メンバー。富山県東礪波郡平村(現・南砺市)生まれ。

人物編集

高校卒業後、アルバイトをしながら早稲田予備校に通っていたが、大学受験に失敗し、板橋区精密機械メーカーで勤務。

1973年6月、パリに行った際に日本赤軍入りする。1974年にはシンガポール事件に参加。7月26日、パリ・オルリー空港で、偽造旅券4通と偽ドル所持のためにフランスの警察逮捕される。勾留されている間はフルヤと偽名を名乗った。その供述から、西ドイツデュッセルドルフの日本総合商社支店長を身代金目的で誘拐する計画が発覚した。このままだと山田に組織全容を解明されると考えた日本赤軍はハーグ事件を起こし、山田は超法規的措置釈放され逃亡する。

1986年2月、「体力的にやっていけなくなった」と警視庁に出頭し逮捕される。シンガポール事件やクアラルンプール事件に関与が疑われていたが、これらの事件では起訴されず、偽造旅券を持ってフランスに入国した偽造有印公文書偽造罪起訴され、懲役1年4ヶ月が確定した。

現在は刑期を満了して、出所している。

関連項目編集

参考文献編集

『日本赤軍とは何だったのか その草創期をめぐって』和光晴生、彩流社、2010年 ISBN 9784779114786