メインメニューを開く

山田 順(やまだ じゅん、1952年[1]12月16日 - )は、日本ジャーナリスト編集者翻訳家日本外国特派員協会(FCCJ)会員[要出典]。作家津田信の長男[2]

人物・経歴編集

神奈川県横浜市南区出身。立教大学文学部卒業。大学卒業後、1976年、株式会社光文社に入社[3]。『女性自身』編集部でデスク、副編集長として、主に社会事件、芸能面を担当。1999年から『カッパブックス』編集長代理となり、2002年、日本で初めての欧米型のペーパーバックス(光文社ペーパーバックス)を創刊し、『日本がアルゼンチンタンゴを踊る日』(ベンジャミン・フルフォード)『内側から見た富士通 成果主義の崩壊』(城繁幸)などの作品を扱う[要出典]。この間、川崎順平、神山冴などのペンネームで、執筆、翻訳活動を続け、ゴーストライターとしても活動[要出典]

著書編集

  • 『3LDKのプリンセス 川嶋紀子さんの魅力のすべて』(ブレーン出版、1990年)
  • 皇太子のご結婚』(リム出版、1991年)
  • TBSザ・検証』(ノンフィクション、神山冴と検証特別取材班、鹿砦社、1996年)
  • 『出版大崩壊 電子書籍の罠』(文春新書、2011年)
  • 『資産フライト 「増税日本」から脱出する方法』文春新書 2011
  • 『本当は怖いソーシャルメディア』小学館101新書 2012
  • 『円が消滅する日』日文新書 2012

共著編集

  • 『大儲けが止まらない 英国ブックメーカー攻略法』(リム出版、共著、1991年)

翻訳編集

  • ヴァディム ベリフ、ドミトリー リハノフ『ロシアン・ゴッドファーザー』中出政保訳(川崎順平、リム出版、1992年)

出典編集

外部リンク編集