山縣有道

山縣 有道(山県 有道、やまがた ありみち、1888年明治21年)2月23日[1] - 1945年昭和20年)9月8日[1][2])は、日本の宮内官、政治家華族貴族院公爵議員。前名・辰吉[1]

経歴編集

内務官僚山縣伊三郎山縣有朋養嗣子)、隆子夫妻の長男として生まれる[1][3]。父の死去に伴い1927年11月15日、公爵を襲爵し[1]貴族院公爵議員に就任[2][4]火曜会に所属して死去するまで在任した[2]

1912年東京外国語学校ドイツ語本科を卒業し、同年ドイツ帝国に留学[2][3]チュービンゲン大学で造林学を専攻していたが、1914年のドイツ国交断絶により帰国、祖父・有朋が始めた栃木県那須野の山縣農場を主宰する[5]1922年以降、侍従式部官などを歴任[2]歌御会始読師も務めた[2]

栄典編集

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 『平成新修旧華族家系大成』下巻、777-778頁。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』12頁。
  3. ^ a b 『人事興信録』第14版下、ヤ60頁。
  4. ^ 『官報』第267号、昭和2年11月17日。
  5. ^ a b 『朝日新聞の記事にみる恋愛と結婚』243頁。

参考文献編集

  • 朝日新聞社編『朝日新聞の記事にみる恋愛と結婚 明治・大正』朝日新聞社〈朝日文庫〉、1997年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版下、1943年。


日本の爵位
先代:
山縣伊三郎
公爵
山縣(有朋)家第3代
1927年 - 1945年
次代:
山縣有信