岩切 正一郎(いわきり しょういちろう、1959年[1] - )は、日本フランス文学者詩人である。国際基督教大学学長教養学部アーツ・サイエンス学科教授。専門はシャルル・ボードレールをはじめとした近現代フランス演劇

人物編集

宮崎県出身[1]宮崎県立宮崎西高等学校東京大学文学部仏文科卒業[1]東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学[1]パリ第7大学テクスト・資料科学科第三課程修了(DEA[2]。1996年、国際基督教大学教養学部助教授[1]、2007年、同教授[1]、2011年、同大学アドミッションズ・センター長[1]、2019年、同教養学部長を経て[1]2020年日比谷潤子学長の任期満了に伴い学長就任[2]。任期は、2020年4月1日から2024年3月31日までの4年間[3]

2007年、蜷川幸雄の演出作品『ひばり』(ジャン・アヌイ作)と『カリギュラ』(アルベール・カミュ作)の翻訳を担当し[2]、その業績によって2008年の第15回「湯浅芳子賞」を受賞した[2]

著書編集

翻訳書編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 直子, 坂本 (2020年11月12日). “【インタビュー】ICU学長・岩切正一郎さん(1)大学にキャンパスがあるのは、同じ場所と時間を共有するため” (日本語). クリプレ(クリスチャンプレス). 2021年9月22日閲覧。
  2. ^ a b c d 対話#01 岩切正一郎×平田オリザ|国際基督教大学 the Core of ICU” (日本語). 国際基督教大学 the Core of ICU. 2021年9月22日閲覧。
  3. ^ https://www.icu.ac.jp/news/1911221100.html

外部リンク編集

先代:
日比谷潤子
国際基督教大学学長
2020年 -
次代: