日比谷 潤子(ひびや じゅんこ、1957年10月22日 - )は、日本の言語学者学校法人聖心女子学院常務理事[1]。前国際基督教大学学長。

東京都出身。1980年上智大学外国語学部フランス語学科卒、1982年同大学院外国語学研究科言語学博士前期課程修了、1988年ペンシルベニア大学大学院アーツ・サイエンス研究科言語学博士。1987年慶應義塾大学国際センター専任講師、1992年助教授、2002年国際基督教大学準教授、2004年教授、2012年から2020年まで学長。2020年3月国際基督教大学退職。2020

年4月より学校法人聖心女子学院常務理事。日本学術会議会員。

共編著編集

  • 『外国人のための日本語例文・問題シリーズ 談話の構造』日向茂男共著 荒竹出版、1988
  • 『外国人のための日本語例文・問題シリーズ 擬音語・擬態語』日向茂男共著 荒竹出版、1989
  • 『社会言語学概論 日本語と英語の例で学ぶ社会言語学』中尾俊夫服部範子共著 くろしお出版、1997
  • 『英語言語学の第一歩』影山太郎,ブレント・デ・シェン共著 くろしお出版、2003
  • 『多言語社会と外国人の学習支援』平高史也共編著 慶應義塾大学出版会、2005
  • 『日本語教育の過去・現在・未来 第5巻 文法』小林ミナ共編 凡人社、2009
  • 『はじめて学ぶ社会言語学 ことばのバリエーションを考える14章』編著 ミネルヴァ書房、2012

参考編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 中央教育審議会 委員名簿:文部科学省” (日本語). 文部科学省ホームページ. 2020年5月27日閲覧。

外部リンク編集

先代:
鈴木典比古
国際基督教大学学長
2012年 - 2020年
次代:
岩切正一郎