メインメニューを開く

岩手・大分ホットライン(いわて・おおいたホットライン)は、1991年4月3日から毎週水曜 14:40 - 14:50頃に放送している日本のローカルラジオ番組である。IBC岩手放送大分放送共同制作による生放送であるが、大分放送側では「大分・岩手ホットライン」(おおいた・いわてホットライン)とアナウンスする。

岩手・大分ホットライン
ジャンル 情報番組
放送方式 生放送
放送期間 1991年4月3日 -
放送時間 毎週水曜 14:40 - 14:50頃(10分)
放送局 IBC岩手放送大分放送
パーソナリティ 浅見智水越かおる(IBC)
小田崇之・北里典子(OBS)
提供

らら・いわて(IBC)

大分トキハ(OBS)
公式サイト [ワイドステーション(IBC) BINGO(OBS) 公式サイト]
テンプレートを表示

概要編集

IBCは「ワイドステーション」、OBSは「BINGO」に各々内包され、双方の番組パーソナリティーが岩手大分両県の名産品を互いに送付し合い、抽選で毎週3名あるいは5名のリスナーにプレゼントしている[1]

2008年10月4日土曜日)付の岩手日報夕刊社会面記事にて両局アナウンサーの顔写真とともに同コーナーが紹介された。全国的にも珍しいJRNNRNクロスネット局加盟ローカル局同士の共同制作で、20年以上に渡り続いている長寿番組である。

パーソナリティー編集

2017年1月現在編集

過去編集

脚注編集

  1. ^ 東日本大震災発生で物流が滞った事から、2011年3月16日より情報交換のみとなっていた時期があったが、まもなくプレゼント交換は復活した。

外部リンク編集