メインメニューを開く

岩澤 庸徳(いわさわ つねのり、1912年2月12日 - 1970年10月3日)は、日本の映画監督脚本家である[1][2][3][4][5][6][7][8]。新漢字表記岩沢 庸徳並木路子リンゴの唄』を挿入歌とした映画『そよかぜ』の脚本家として知られる[4][5][6]台湾に招かれて監督した1958年(昭和33年)に公開された『阿蘭』は同地で大ヒットを記録した[9][10]。長男・次男はのちに長じてフォークデュオ「ブレッド&バター」を結成した[11]

いわさわ つねのり
岩澤 庸徳
生年月日 (1912-02-12) 1912年2月12日
没年月日 (1970-10-03) 1970年10月3日(58歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市
職業 映画監督脚本家
ジャンル 劇場用映画現代劇
活動期間 1940年 - 1964年
著名な家族 長男 岩沢幸矢
次男 岩沢二弓
主な作品
脚本
そよかぜ
監督
『阿蘭』(台湾映画
テンプレートを表示

目次

人物・来歴編集

松竹大船の時代編集

1912年(明治45年)2月12日、東京府東京市(現在の東京都)に生まれる[1][2]

日本美術学校図案科(現在の日本美術専門学校デザイン科)を卒業し、松竹大船撮影所に入社する[1][2][12]。当初は美術部に配属されたが、企画部に異動、次いで助監督部に転じた[1][2][12]。同部では、小津安二郎門下の原研吉に師事する[1]。1940年(昭和15年)8月1日に公開された五所平之助監督の『木石』ではサード助監督、同年12月16日に公開された『幸福な家族』ではセカンドであった[6]第二次世界大戦が始まり、松竹のみならず日本映画全体の製作本数が激減する。1943年(昭和18年)7月11日、満31歳のときに長男・幸矢が生まれる。戦争末期の1945年(昭和20年)6月28日、同じ助監督部の岩間鶴夫と共同で脚本を執筆した映画『ことぶき座』(監督原研吉)が公開され、脚本家としてデビューした[4][5][6]

 
脚本作『そよかぜ』(1945年)の並木路子

戦後間もない同年10月11日、戦時中に執筆していた『百万人の合唱』という題の脚本を改稿・改題し[13]、『そよかぜ』(監督佐々木康)として公開される[3][4][5][6]。同作は、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)検閲第1号の映画としても知られるが、並木路子が劇中で歌った『リンゴの唄』のレコードが12万枚(1947年末時点)も売れ、同作とともに大ヒットを生んだ[14]。1947年(昭和22年)1月21日には、新藤兼人中山隆三と共同で執筆したオリジナル脚本が『仮面の街』(監督原研吉)として公開され、同年11月11日には、中山の脚本を映画化した『乙女の祈り』という短篇映画を監督し、初監督を経験する[4][5][6]。正式に監督昇進したのは1949年(昭和24年)で、ふたたび中山の脚本を得て、清水金一の主演作『シミキンの忍術凸凹道中』を監督、同作は同年5月23日に公開された[1][4][5][6]。同年2月23日には次男・二弓が生まれている。

フリーランス以降編集

その後、同社を退社してフリーランスの監督となる[1]。1954年(昭和29年)10月13日には、産業経済新聞の人気連載絵物語少年ケニア』を脚色・監督して映画化、大映が配給して公開されている[4][5][6]。1956年(昭和31年)5月11日には、新東宝で37分の中篇映画『肉体の魅惑』を監督、公開されている[4][5][6]。1957年(昭和32年・民國46年)、映画監督の田口哲[15]、撮影技師の宮西四郎[16]、照明技師の法島繁義[17]らとともに、台湾の映画会社・長河有限公司に招かれ、岩沢は小艷秋中国語版を主演に『紅塵三女郎』、および游娟を主演に『阿蘭』を監督し、それぞれ、同年8月28日、1958年(昭和33年・民國47年)1月29日に台湾で公開された[8][9][10]。游娟は『紅塵三女郎』にも出演しており、同作が女優デビュー作であり、同2作の成功により、『影劇周報』誌上の読者投票でベストテン入りしている[10]。『阿蘭』に出演した俳優の石軍は、現在の金馬奨の前身である、徵信新聞社主催「第一回台語片電影展覽會」で、最優秀男優賞にノミネートされた[10]。『阿蘭』は同年の台湾において第10位の興行成績を上げた[10]。田口はこのとき『太太我錯了』を撮り、同年5月13日に公開されている[9]。『日本電影在臺灣』によれば、田口の『太太我錯了』は『麻薬と愛情』、岩沢の『紅塵三女郎』は『明日売られた女』という題で日本でも正式に公開されたとしている[9]

1959年(昭和34年)には、古巣の松竹が製作した連続テレビ映画花の家族』(フジテレビジョン)で監督として起用され、同年3月2日から1クールの放映が開始している[7]。『日本映画監督全集』の岩沢の項には、フリーランスの時期、読売映画社(現在の読売映像)や太平洋テレビジョンで作品を発表していた旨の記述がみられる[1]。太平洋テレビジョンは1964年(昭和39年)2月、同社代表の清水昭が法人税法違反で告発される、いわゆる「太平洋テレビ事件」(1974年4月13日無罪確定)が起きているが[18][19]、岩沢が活動したのがどの時期であるかは不明である。同年8月17日には、祖父江羊己が設立した中映プロダクションの製作第1作『行為の果て』(監督辰巳敏輝)に脚本を提供している[4][6]。同作の監督名は同時代資料である『映画年鑑 1966』には、辰巳敏輝ではなく小林悟と記されているが[20]、出演者名も他の資料と異なる[4][6]。1968年(昭和43年)には『ケロヨンの大自動車レース』を監督し、公開されている[21]。記録の上では、同作が劇場用映画に関わった最後の作品であるが[3][4][5][6][7][21]、その後の詳細は不明である。

1970年(昭和45年)10月3日、心不全のため死去した[1][2]。満58歳没。亡くなる1年前の1969年(昭和44年)9月25日、子息たちが結成したフォークデュオ、ブレッド&バターがシングルレコード傷だらけの軽井沢』(作詞橋本淳、作編曲筒美京平)を発表して、デビューしている[11][22]

フィルモグラフィ編集

クレジットは「監督」を始めすべて明記した[1][3][4][5][6][7][8]東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)等の所蔵状況についても記す[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j キネ旬[1976], p.59.
  2. ^ a b c d e 岩沢庸徳jlogos.com, エア、2014年6月24日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 岩沢庸徳岩澤庸徳東京国立近代美術館フィルムセンター、2014年6月24日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m 岩沢庸徳、日本映画情報システム、文化庁、2014年6月24日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j 岩沢庸徳日本映画製作者連盟、2014年6月24日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n 岩沢庸徳日本映画データベース、2014年6月24日閲覧。
  7. ^ a b c d 岩沢庸徳テレビドラマデータベース、2014年6月24日閲覧。
  8. ^ a b c d e 岩澤庸德、台湾電影資料庫、国立政治大学 (中国語)、2014年6月24日閲覧。
  9. ^ a b c d 黃[2008], p.235-236, 295.
  10. ^ a b c d e 新聞局[2008], p.79, 163.
  11. ^ a b profileブレッド&バター、2014年6月24日閲覧。
  12. ^ a b シミキンの忍術凸凹道中、日本映画情報システム、文化庁、2014年6月24日閲覧。
  13. ^ 朝日[1987], p.6.
  14. ^ 石川[1979], p.35.
  15. ^ 田口哲 - 日本映画データベース、2014年6月24日閲覧。
  16. ^ 宮西四郎 - 日本映画データベース、2014年6月24日閲覧。
  17. ^ 法島繁義 - 日本映画データベース、2014年6月24日閲覧。
  18. ^ 朝日[1988], p.125.
  19. ^ 第75回国会 決算委員会 第12号 昭和五十年六月十八日国立国会図書館、2014年6月24日閲覧。
  20. ^ a b 年鑑[1966], p.326.
  21. ^ a b c ケロヨンの大自動車レース、国立国会図書館、2014年6月24日閲覧。
  22. ^ 筒美京平 作曲家45周年記念 6社共同企画「筒美京平 GOLDEN HITSTORY また逢う日まで」2012年12月26日発売!ユニバーサルミュージック、2012年12月12日付、2014年6月24日閲覧。
  23. ^ 幸福な家族スカパー!、2014年6月24日閲覧。
  24. ^ ことぶき座、東京国立近代美術館フィルムセンター、2014年6月24日閲覧。
  25. ^ そよかぜ衛星劇場、2014年6月24日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集