メインメニューを開く

ブレッド&バター(ブレッドアンドバター、英語: Bread & Butter)は、2人組の日本のフォークデュオ(兄弟デュオ)である。

ブレッド&バター
BREAD & BUTTER
別名 ブレバタ
出身地 日本の旗 日本 神奈川県茅ヶ崎市
ジャンル フォークソング
ソフトロック
活動期間 1969年 - 現在
レーベル フィリップス
ポリドール
日本コロムビア
ファンハウス
CBSソニー
avex io
共同作業者 スティーヴィー・ワンダー
細野晴臣
岸部シロー
公式サイト ブレッド&バター公式サイト
メンバー 岩沢幸矢
岩沢二弓

兄弟の父は映画監督の岩沢庸徳である[1][2]

1969年のデビュー以来、2014年現在までに41枚のシングルと24枚のオリジナルアルバムをリリース。楽曲は加山雄三サザンオールスターズなどと同様に「湘南サウンド」として親しまれ、スティーヴィー・ワンダー細野晴臣井上陽水松任谷由実など内外のミュージシャンとの交流も幅広い。

目次

メンバー編集

岩沢幸矢(いわさわ さつや):ボーカル
1943年7月11日生まれ(蟹座) / AB型 / 神奈川県茅ヶ崎市出身
妻はシンガーのMANNA(本名:岩沢真利子、「マナ」名義でも活動していた。子供番組『ひらけ!ポンキッキ』オープニングテーマ「きょうも1センチ」[3]、アニメ『ドラゴンボールZ』エンディングテーマ「でてこいとびきりZENKAIパワー!」などで知られる)、娘はミュージシャンのAisa。
岩沢二弓(いわさわ ふゆみ):ボーカル、ギター
1949年2月23日生まれ(魚座) / AB型 / 神奈川県茅ヶ崎市出身
娘はミュージシャンの岩沢シーマ (Seema) 。
2000年には父娘ユニット「mondayz」名義で、アルバム「monday beach」をリリース。
2009年2月23日 - 還暦を迎え、ソロでのライブ活動を再開する。
2009年10月1日 - 岩沢二弓サポーターズファンクラブ「fuyumi mania ~Fuyumi Iwasawa Supporters」が発足。
2010年1月1日 - ブレッド&バター 岩沢二弓 オフィシャルblog がスタート。

ディスコグラフィー編集

シングル編集

  • 『傷だらけの軽井沢/白いハイウェイ』(1969年10月、フィリップス)
  • 『マリエ/そのままなのに』(1970年4月、フィリップス)
  • 『愛すべき僕達/空と海と愛する少女』(1970年9月、フィリップス)
  • 『野生の馬/雨の日のあなたは -RAINY DAY WOMAN-』(1971年4月、ポリスター)- シローとBREAD&BUTTER名義
  • 『バタフライ/ハッピネス』(1971年9月、ポリスター)- シローとBREAD&BUTTER名義
  • 『今はひとり/いつから』(1972年5月、ポリスター)
  • 『風/時もゆっくり』(1973年5月、日本コロムビア)
  • 『誰が好きなの/名前を忘れた女』(1974年1月、日本コロムビア)
  • 『ピンクシャドウ/うつろな安息日』(1974年9月、日本コロムビア)
  • 『夕暮れ/朝の陽』(1975年2月、日本コロムビア)
  • 『ともしび/城跡のある町』(1975年6月、日本コロムビア)
  • 『セーリング・オン・ボード/にわか雨』(1975年12月、日本コロムビア)
  • 『青い地平線/SING ALONG』(1978年、CBSソニー)- Le Mistral名義
  • 『あの頃のまま/渚に行こう』(1979年7月、アルファレコード)
  • 『青い地平線/SUMMER BLUE』(1980年3月、アルファレコード)
  • 『惑星1999/THANKS MY LADY(ひとときの水彩画)』(1980年5月、アルファレコード)
  • 『サンクス・マイ・レディ(ひとときの水彩画)/惑星1999』(1980年5月、アルファレコード)
  • 『Japanese Woman/マティーニを飲みながら』(1980年、アルファレコード)
  • 『ホテル・パシフィック/湘南ガール』(1981年7月、アルファレコード)
  • 『あの頃のまま(作詞・作曲:呉田軽穂、編曲:細野晴臣・松任谷正隆)/クルージング・オン』(1981年、アルファレコード)
  • 『トゥナイト愛して/第2土曜日』(1981年、アルファレコード)
  • 『あの頃のまま/トゥナイト愛して』(1981年、アルファレコード)
  • 『DANCING IN THE NIGHT/SPECIAL PARTNER』(1982年、TDK)
  • 『冬のハイビスカス/I LOVE YOU』(1982年11月、TDK)
  • 『やさしさの横顔/君は冷たく』(1983年3月、TDK)
  • 『ばらけたイニシャル/ミラクル・タッチ』(1984年10月、FUN HOUSE)
  • 『I JUST CALLED TO SAY I LOVE YOU (特別な気持ちで)/引き潮カフェ』(1984年、FUN HOUSE)
  • 『夢がとぶ/Old Friends』(1985年、FUN HOUSE)
  • 『remember my love/remember my love(日本語バージョン)』(1986年、FUN HOUSE)
  • さよならの贈りもの/岸辺のフォトグラフ』(1986年、FUN HOUSE)
  • 『センチメンタル・フレンド/ぬけがらのシャツ』(1987年、FUN HOUSE)
  • 『ワイオミング・ガール/エレノア』(1989年、FUN HOUSE)
  • 『君がいた夏(セイラリエス)/IF』(1991年、FUN HOUSE)
  • 『奇蹟のヴィーナス/DANCING IN THE NIGHT』(1992年、FUN HOUSE)
  • 『ETERNAL FRIEND -その微笑みで- /S4U(SMILE FOR YOU)』(1993年、FUN HOUSE)
  • 『僕の知らない夏/CHILDREN OF THE SEA』(1993年、FUN HOUSE)
  • 『LONDON-PARIS-NEW YORK -湘南/湘南MOON』(1994年、FUN HOUSE)
  • 『PINKSHADOW/DOLPHIN』(1998年、アルファレコード)
  • 『ナイフ/逃れて…』(1999年、PONY CANYON)- The YOO-HOO !名義
  • 『朝からテキーラ』(2000年、bb mania)- YAHHOH名義
  • 『ANDY~青い瞳のサムライ』(2001年、ファインラインコミュニケーション)- ブレッド&バター ファミリー名義

非売品

  • 『Silent Snow/Silent Snow -instrumental』(1990年)[Toshiba EMI](西武百貨店キャンペーンソング)ノベルティCD
  • 『ときめき』(1971年)SP盤 NISSAN サニーCM曲(2006 THE HIT MAKER -筒美京平の世界-音源収録)
  • 『奇蹟のヴィーナス/ETERNAL FRIEND -その微笑みで-』(1993年)(Sunstar CMソング)ノベルティCD
  • 家をつくるなら』(2001年)ブレッド&バター with Friends(pana home ノベルティCD)

オリジナル・アルバム編集

  • 『Moonlight』(1972年3月10日、ポリスター)- シローとブレッド&バター名義
  • 『IMAGES』(1973年4月、日本コロムビア)
  • 『Barbecue』(1974年9月25日、日本コロムビア)
  • 『MAHAE(真南風)』(1975年10月25日、日本コロムビア)
  • 『BREAD&BUTTER-LIVE-』(1976年2月、日本コロムビア)
  • 『Late Late Summer』(1979年6月25日、アルファレコード)
  • 『MONDAY MORNING』(1980年、アルファレコード)
  • 『Pacific』(1981年、アルファレコード)
  • 『Night Angel』(1982年、TDK)
  • 『FINE LINE』(1983年、TDK)
  • 『Second Serenade』(1984年、FUN HOUSE)
  • 『REMEMBER MY LOVE』(1986年、FUN HOUSE)- ミニアルバム、アナログ盤
  • 『或る夜の出来事』(1987年、FUN HOUSE)
  • 『MISSING LINK』(1989年、FUN HOUSE)
  • 『水の記憶』(1991年、FUN HOUSE)
  • 『HOT! CLOUD 9』(2001年、WARNER)
  • 『SUMMER KNOWS』(2004年)- CCCD
  • 『SKY』(2005年、ビクター音楽産業)
  • 『SHONAN BOYS~for the young and the young-at-heart』セルフ・カヴァー(2005年、ビクター音楽産業) 
  • 『海岸へおいでよ』(2007年、SONY)
  • 『Oh!LIFE』(2011年、AVEX IO)

ベスト・アルバム編集

  • 『Breakfast(1980年、日本コロムビア)- アナログ盤
  • 『BREAD&BUTTER PARTY』(1981年、アルファレコード)- アルバム未収録曲を含む
  • 『SURF CITY』(1983年、TDK)
  • 『Sunday afternoon』(1984年、アルファレコード)
  • 『Best Selection』(1986年、アルファレコード)
  • 『MIRACLE TOUCH』(1986年、FUN HOUSE)
  • 『BEST CHOICE』(1988、日本コロムビア)
  • 『マリエ』(1989)新録Remixベスト盤、FUN HOUSE)
  • 『BREAD&BUTTER COLLECTION』(1992年、アルファレコード) - 3枚組
  • 『THE BEST OF BREAD&BUTTER』 (1992、日本コロムビア)
  • 『MUSIC FILE』(1992、日本コロムビア)
  • 『ベスト'92~奇蹟のヴィーナス』(1992年、FUN HOUSE)
  • 『スーパーベスト2000』(1995年、FUN HOUSE)
  • 『アライヴ~1969-1996フットプリント』(1996年、FUN HOUSE)- レーベルを超えたベスト盤
  • 『Twins~SUPER BEST OF BREAD&BUTTER』(1997年、アルファレコード)2枚組
  • 『BB★C』(1998年、アルファレコード)- 新録Remixベスト盤
  • 『BREAD&BUTTER BEST HITS』(1999年、FUN HOUSE)- CD CLUB通販限定
  • 『THE VERY BEST OF BREAD&BUTTER』(2000年、アルファレコード)
  • 『BREAD&BUTTER Vol.1』(2001年、BMGファンハウス)
  • GOLDEN☆BEST ブレッド&バター』(2005年、BMGファンハウス)
  • 『Silver Bread & Golden Butter ~Early Best 1972-1981~』(2008年、SONY)
  • 『幸矢と二弓 Essential B&B』(2014年、SONY) - 4枚組

VA編集

  • 『筒美京平 ULTRA BEST TRACKS Polygram GS&GUYS edition』
  • 『日本ロックの逆襲 ~Super Singles~』
  • 『All the Fun Years』
  • 『Hiroshima'90』
  • 『everlasting/STYLE BAND』
  • 『午後のボッサ ~Cafe Beatles』

映像作品編集

  • 『Aperitif アペリチフ』(1985年、FUN HOUSE)- ビデオ、LDのみ
  • 『Bread & Butter Live 2006』(2006、SONY)- DVD
  • 『ブレッド&バター presents- DRAMA&LIVE 「あの頃のまま」』(2008年、SONY)- DVD
  • 『茅ヶ崎・東海岸 カフェ・ブレッド&バターの軌跡』(2008、SONY)- DVD

ソロ活動編集

ソロ名義において、それぞれ1枚ずつアルバムをリリースしている。

岩沢幸矢編集

アルバム

  • 『BAREFOOT』(1998年)

岩沢幸矢参加ユニット

  • OHANA BAND(岩沢幸矢ファミリーのユニット)
    • 『A'ha』
  • LIGHT HOUSE(岩沢幸矢、マナ参加のバンド)
    • 『A-bec』
    • 『Box Seat』

岩沢二弓編集

シングル

  • 『それぞれの道』(1998年)[カイガンレコード]

アルバム

  • 『Fuyumi -ニ弓-』(1997年)[カイガンレコード]

コンピレーションCD

  • 『カイガン・グロウン』(1996年)[カイガンレコード] に参加。『Dancing Flame ~2 Little G~』収録。

mondayz(岩沢二弓父娘のユニット)

  • 『monday beach』(2000年)[OAKレコード]

楽曲提供編集

岩沢幸矢編集

  • アグネス・チャン - 『I WILL LOVE YOU』『心の架け橋』(作曲)『にわか雨』(作詞)
  • 梓みちよ - 『そして今優しく』(作曲)
  • 杏里 - 『HONESTY MAN』(作曲)
  • いしだあゆみ - 『絵がかけたなら』『霧にまかれて』(作曲)
  • 伊集加代子 - 『ふたりで夢を』(作曲)
  • 小原初美 - 『夜明まで』(作曲)
  • かわいさとみ - 『あたまがいっぱい』『わたしはなんでもしっている』(作曲)
  • 喜多嶋舞 - 『ラッキー・スター』(作曲)
  • 北畠美枝 - 『SOMEBODY LOVES YOU』『星屑のプライド』(作曲)
  • 須藤薫 - 『こころの休日』(作曲)
  • 世良順子 - 『コスモス咲いても』『ハバナムーン』(作曲)
  • 高橋真梨子 - 『貴方と』『蟹のつめ』(作曲)
  • 太川陽介 - 『まぼろしの夏』(作曲)
  • 柘植章子 - 『ひいふうみい』(作曲)
  • つちやかおり - 『19の夏』(作曲)
  • 早見優 - 『ロマンスに首ったけ』(作曲)
  • BEGIN - 『TELEPHONE』『レインバード』(作曲)
  • 二名敦子 - 『秘境の恋』(作曲)
  • 古谷徹 - 『愛より他に』『CENTRAL PARK』(作曲)
  • 本田路津子 - 『心の中を流れる河』(作曲)
  • 南夏々子 - 『LOVE FOR BLUE』(作曲)
  • 桃井かおり - 『金色の丘』『恋人同志』(作詞)
  • 森山良子 - 『愛は通りすぎてゆく』(作詞作曲)『ある日の午後』『朝』『季節風』『子供たちに教えなさい』『指文字』(作曲)
  • 六文銭 - 『それから』(作曲)

岩沢二弓編集

  • アグネス・チャン - 『にわか雨』(作詞・作曲)『ふたりのRAINY DAY』(作曲)
  • あんべ光俊 -『CHILD ~君の風になろう~』(作曲)未発売曲
  • 杏里 -『夏に背を向けて』(作曲)
  • 石川セリ - 『風のない白い夏』(作曲)
  • 石岡美紀 - 『シェリー』(作曲)
  • 伊集加代子 - 『TIME』(作詞作曲)
  • 岩崎良美 - 『夏をひとりじめ』(作曲)
  • 岩沢シーマ&ニーナ・ライリー - 『Naturally』(作曲)
  • Wink - 『VARIATION』(作曲)
  • かんせつかず - 『3つの時から』(作詞作曲)
  • 北畠美枝 - 『RESORT OF HEART』(作曲)
  • 須藤薫 - 『蒼い夏』『南の島からメリークリスマス』『BLUE SNOW MIDNIGHT』『許してあげない』(作曲)
  • スリー・グレイセス - 『SILVERY MOON』(作詞作曲)
  • 高橋真梨子 - 『TRAFFIC~混雑』(作曲)
  • チェリッシュ - 『愛とは勇気だから』『夕日が落ちてゆく』(作曲)
  • Temiyan - 『Cafe Medium Mare』(作曲)
  • ハイ・ファイ・セット - 『情事の終り』(作曲)
  • 二名敦子 - 『SUNSET CRUISING』(作詞作曲)
  • 古谷徹 - 『白いSILVIA』(作曲)
  • 南夏々子 - 『AZUR ~潮風に抱かれて~』(作曲)
  • 本山ツトム - 『別れ』(作詞作曲)
  • 桃井かおり - 『金色の丘』『恋人同志』(作曲)
  • 森山良子 - 『今は秋』(作曲)

エピソード編集

  • 岩沢幸矢は犬を飼っているが、なぜか「ネコ」という名前をつけているという(松任谷由実のオールナイトニッポンでの松任谷の発言より)。
  • 岩沢幸矢は若き日にはホテルマンを目指し「パシフィックパーク茅ヶ崎」でアルバイトをしていたことがある。それとは別の縁でブレッド&バターと知り合った、当時ホテルの社長令嬢であり現在アパレルメーカー「スポーティフ」の社長である岩倉瑞江とは親交が深く、岩倉邸で別の友人も交えて自由気ままな共同生活をしたり、一緒にカフェを開いたりなどした(公式サイトより)。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 宮原安春著『家族の原風景』論創社、2004年
  2. ^ 日外アソシエーツ編『映像メディア作家人名事典』日外アソシエーツ、1991年
  3. ^ 小島豊美とアヴァンデザイン活字楽団『昭和のテレビ童謡クロニクル 『ひらけ! ポンキッキ』から『ピッカピカ音楽館』まで』DU BOOKS、2015年、293頁。ISBN 978-4-907583-45-3

外部リンク編集