メインメニューを開く

岩神町 (前橋市)

群馬県前橋市の地名
日本 > 群馬県 > 前橋市 > 岩神町 (前橋市)

岩神町(いわがみまち)は、群馬県前橋市の地名。岩神町一丁目から岩神町四丁目がある。郵便番号は371-0035[2]。2013年現在の面積は0.97km2[4]

岩神町
ヤマダグリーンドーム前橋
ヤマダグリーンドーム前橋
岩神町の位置(群馬県内)
岩神町
岩神町
北緯36度24分16秒 東経139度3分17秒 / 北緯36.40444度 東経139.05472度 / 36.40444; 139.05472
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 群馬県旗 群馬県
市町村 前橋市の旗 前橋市
面積
 • 合計 0.97km2 (0.37mi2)
人口
2017年(平成29年)8月31日現在)[1]
 • 合計 3,282人
 • 密度 3,400/km2 (8,800/mi2)
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
371-0035[2]
市外局番 027[3]
ナンバープレート 前橋

目次

地理編集

利根川の氾濫原、標高約110mの広瀬川低地帯の平坦部に位置している。西側には利根川、中央部を北から南へ広瀬川が流れている。この両河川の間を前橋城堀の水を引く風呂川が流れている。また、現在の町域はかつて西岩神と呼ばれていた区域に神明町の一部を加え、現在の大手町に当たる南部の区域が独立した区域であり、かつての東岩神に当たる区域は、現在の昭和町、平和町の各一部に当たる。

河川編集

  • 利根川
  • 広瀬川
  • 風呂川

歴史編集

江戸時代頃からある地名であり、前橋藩領だった。町人町である向町が区割され、前橋城下に編入された。

年表編集

  • 1889年 岩神村を含む30町11大字を合併し東群馬郡前橋町が成立したため、前橋町の大字となる。
  • 1892年 東群馬郡前橋町が市制施行して前橋市となる。その際に前橋市の大字となる。
  • 1910年 前橋市の大字だった岩神が岩神町となる。
  • 1928年 岩神町字琴平前、同町字河岸北が前橋市琴平町として分離する。
  • 1965年 一部が昭和町一丁目、昭和町二丁目、昭和町三丁目、平和町一丁目、平和町二丁目となり、岩神町の一部から岩神町二丁目、岩神町三丁目、岩神町四丁目、岩神町、神明町の各一部から岩神町一丁目が成立。
  • 1966年 前橋公園周辺の地域が大手町三丁目、住吉町二丁目となる。同日、丁目無しの岩神町(住居表示未実施の区域)消滅。

地名の由来編集

岩神の飛石が岩神稲荷として祀られており、地名はこれに由来するが、岩神の飛石自体は住居表示の施行により岩神町のうち広瀬川より東が岩神町から分離したため隣の昭和町三丁目にある。

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)8月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
岩神町一丁目 212世帯 403人
岩神町二丁目 391世帯 822人
岩神町三丁目 572世帯 1,229人
岩神町四丁目 411世帯 828人
1,586世帯 3,282人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 番地 小学校 中学校
岩神町一丁目 全域 前橋市立岩神小学校 前橋市立第三中学校
岩神町二丁目 一部
一部 前橋市立敷島小学校
岩神町三丁目 全域 前橋市立岩神小学校
岩神町四丁目 全域

交通編集

鉄道編集

鉄道駅はない。

バス編集

道路編集

国道は通ってなく、県道群馬県道6号前橋箕郷線群馬県道10号前橋安中富岡線が通っている。

施設編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 人口及び世帯数 - 町別住民基本台帳人口表”. 前橋市 (2017年9月5日). 2017年9月15日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年9月17日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ 第2章 人口 Archived 2016年5月13日, at the Wayback Machine. - 前橋市 2016年03月29日閲覧。
  5. ^ 前橋市立小学校・中学校通学区域”. 前橋市 (2017年4月24日). 2017年9月16日閲覧。

参考文献編集

  • 角川日本地名大辞典 10 群馬県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1988年7月8日(日本語)。ISBN 4-04-001100-7