メインメニューを開く

岩野田村(いわのだむら)は、かつて岐阜県山県郡に存在したである。

岩野田村
廃止日 1949年7月1日
廃止理由 編入
現在の自治体 岐阜市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
山県郡
面積 16.00km2.
総人口 3,265
(1949年)
隣接自治体 岐阜市
山県郡高富町、厳美村、富岡村
稲葉郡方県村
岩野田村役場
所在地 岐阜県山県郡岩野田村大字岩崎
 表示 ウィキプロジェクト

現在の岐阜市北部に該当し、山県市の南にあたる。鳥羽川沿いの地域である。

村名の由来は、岩野田村の前身となった「岩崎村」「粟野村」「三田洞村」から一字ずつとった、合成地名である。

かつては農村地帯であったが、岐阜市に編入後、三田洞団地の造成や岐阜薬科大学岐阜県自動車運転免許試験場岐阜試験場の移転、岐阜三田高等学校の開設により発展している。

目次

歴史編集

交通編集

  1. ^ 揖斐郡志』、揖斐郡教育会、1924年12月、292-295頁
  2. ^ 駅名より山県郡高富町の駅と思われるが、実際には小さな川を隔てて岩野田村に存在した。

学校編集

旧跡・観光など編集

関連項目編集