岩間町

日本の茨城県西茨城郡にあった町

岩間町(いわままち)は、茨城県西茨城郡にあったである。2006年3月19日に笠間市、西茨城郡友部町と合併し、(新)笠間市が成立したことにより廃止された。

いわままち
岩間町
愛宕神社
岩間町旗 岩間町章
岩間町旗 岩間町章
廃止日 2006年3月19日
廃止理由 新設合併
笠間市、友部町岩間町笠間市
現在の自治体 笠間市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 茨城県
西茨城郡
市町村コード 08322-4
面積 49.93km2
総人口 16,298
推計人口、2006年3月1日)
隣接自治体 笠間市石岡市美野里町茨城町友部町
町の木 サクラ
町の花 スズラン
岩間町役場
所在地 319-0294
茨城県西茨城郡岩間町大字下郷5140
外部リンク 岩間町 (Internet Archive)
座標 北緯36度18分05秒 東経140度17分34秒 / 北緯36.30128度 東経140.29267度 / 36.30128; 140.29267座標: 北緯36度18分05秒 東経140度17分34秒 / 北緯36.30128度 東経140.29267度 / 36.30128; 140.29267
岩間町の県内位置図
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

地理編集

茨城県のほぼ中央に位置し、西北には愛宕山難台山などのなだらかな山々が連なり、東部には涸沼川巴川沿いに肥沃な水田、畑地、平地林が広がる。

隣接していた自治体編集

歴史編集

町名はかつて存在した岩間郷に由来する。

年表編集

行政区域変遷編集

  • 変遷の年表
岩間町町域の変遷(年表)
月日 旧岩間町町域に関連する行政区域変遷
1889年(明治22年) 4月1日 町村制施行に伴い、岩間村南川根村がそれぞれ発足[1]
  • 岩間村 ← 岩間上郷村・岩間下郷村・吉岡新田・市野谷村・泉村・福島新田
  • 南川根村 ← 押辺村・安居村・土師村
1923年(大正12年) 3月1日 岩間村が町制施行し岩間町になる。
1954年(昭和29年) 11月23日 南川根村と合併し、新たな岩間町が発足。
2006年(平成18年) 3月19日 笠間市・友部町と合併し、改めて笠間市が発足。同日岩間町廃止。
  • 変遷表
岩間町町域の変遷表
1868年
以前
明治元年 - 明治22年 明治22年
4月1日
明治22年 - 昭和19年 昭和20年 - 昭和64年 平成元年 - 現在 現在
岩間上郷村 岩間村 大正12年3月1日
町制
昭和29年11月23日
岩間町
平成18年3月19日
笠間市
笠間市
岩間下郷村
吉岡新田
市野谷村
泉村
福島新田
押辺村 南川根村 南川根村
上安居村 明治11年
安居村
下安居村
土師村

行政編集

  • 町長:仲田昭一

経済編集

特産品編集

  • 果実(栗、柿、梅、ぶどう、梨)
  • 豚肉

地域編集

教育編集

  • 中学校
    • 岩間町立岩間中学校
  • 小学校
    • 岩間町立岩間第一小学校
    • 岩間町立岩間第二小学校
    • 岩間町立岩間第三小学校

電気編集

かつて岩間村には電燈会社があった。1916年(大正5年)2月に事業開始した。供給区域は岩間村。発電所は岩間村大字岩間(出力10kW)[2]。1917年(大正6年)4月笠間電気に譲渡した[3]

姉妹都市・提携都市編集

交通編集

鉄道編集

道路編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

その他編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 8 茨城県』、角川書店、1983年 ISBN 4040010809より
  2. ^ 『電気事業要覧. 第9回』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 『電気事業要覧. 第10回』(国立国会図書館デジタルコレクション)

関連項目編集

外部リンク編集