西茨城郡

日本の茨城県にあった郡
日本 > 関東地方 > 茨城県 > 西茨城郡
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

西茨城郡(にしいばらきぐん)は、茨城県にあった

茨城県西茨城郡の範囲(水色:後に他郡から編入した区域 薄黄:後に他郡から編入された区域)

郡域編集

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • 笠間市の大部分(五平・鯉淵を除く)
  • 桜川市の一部(猿田、木植、曽根、松田、友部、上城、犬田、鍬田、富岡、長方、中泉、上野原地新田、西飯岡以北)
  • 東茨城郡城里町の一部(大網、小勝、塩子以西)

歴史編集

もともとは茨城郡であり、1878年(明治11年)に東茨城郡と西茨城郡に分割され発足した。

郡発足以前の沿革編集

知行 村数 村名
幕府領 幕府領 1村 上野原地新田
旗本領 15村 仁古田村、長兎路村、上安居村、下安居村、吉沼新田、下加賀田村、上加賀田村、●手越村、南友部村、大古山村、南吉原村、堤上村、西飯岡村、●大泉村、●本郷村
幕府領・旗本領 3村 ●○小原村、鴻巣村、○池野辺村
藩領 常陸笠間藩 77村 ●○上市毛村、●下市毛村、北吉原村、日草場村、○上市原村、中市原村、下市原村、●○石井村、古町村、甲山村、阿弥陀村、○上箱田村、●間黒村、●下箱田村、●片庭村、大郷戸村、下赤沢村、上赤沢村、●徳蔵村、大網村、真端村、石寺村、日沢村、飯田村、福田村、○大淵村、金井村、寺崎村、●○上稲田村、●○下稲田村、飯岡村、飯塚村、関戸村、北中山村、南中山村、田上村、本戸村、●来栖村、今泉村、○木植村、猿田村、曽根村、松田村、●友部村、高幡村、●加茂部村、●西小塙村、谷中村、橋本村、水戸村、青柳村、●○磯部村、稲村、亀岡村、間中村、●平沢村、●池亀村、福崎村、山口村、小塩村、坂本村、大月村、上野新田村、西小幡村新田、富岡村、鍬田村、久原村、飯淵村、●富谷村、中里村、入野村、南飯田村、岩瀬村、大岡村、本新田村、西新田村、●犬田村
下総結城藩 1村 門毛村
常陸宍戸藩 10村 柏井村、随分付村、湯崎村、●○住吉村、●○平町村、●○太田町村、橋爪村、南小泉村、土師村、市野谷村
常陸土浦藩 5村 ●岩間下郷、●○岩間上郷、●○泉村、福島新田、吉岡新田
常陸水戸藩 3村 ○大橋村、●○塩子村、○小勝村
幕府領・藩領 幕府領・笠間藩 2村 ●下泉村、中泉村
幕府領・旗本領・笠間藩 1村 西小幡村
旗本領・土浦藩 2村 上押辺村、下押辺村
旗本領・宍戸藩 1村 矢野下村

郡発足以降の沿革編集

  • 1878年(明治11年)(1町104村)
    • 12月2日 - 郡区町村編制法の茨城県での施行により、茨城郡のうち笠間町ほか1町104村の区域をもって行政区画としての西茨城郡が発足。郡役所が笠間町に設置。
    • 上安居村・下安居村・吉沼新田が合併して安居村となる。
    • 上稲田村・下稲田村が合併して稲田村となる。
    • 飯岡村・飯塚村が合併して飯合村となる。
    • 谷中村・橋本村が合併して上城村となる。
    • 関戸村・北中山村・南中山村・田上村が合併して福原村となる。
    • 上野新田村・西小幡村新田・西小幡村が合併して長方村となる。
    • 上押辺村・下押辺村が合併して押辺村となる。
    • 古町村・甲山村が石井村に、大岡村・本新田村・西新田村が岩瀬村にそれぞれ合併。
    • 上市毛村が改称して笠間町となる。
  • 1881年(明治14年) - 阿弥陀村・上箱田村・間黒村・下箱田村が合併して箱田村となる。(1町101村)
 
1.笠間町 2.宍戸町 3.岩間村 4.南川根村 5.北川根村 6.大原村 7.大池田村 8.七会村 9.北山内村 10.西山内村 11.南山内村 12.東那珂村 13.北那珂村 14.西那珂村(桃:笠間市 紫:桜川市 青:東茨城郡城里町)
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、下記の町村が発足[2]。特記以外は現・笠間市。(2町12村)
    • 笠間町 ← 笠間町、下市毛村、日草場村、石井村
    • 宍戸町 ← 平町村、鴻巣村、南友部村、太田町村、橋爪村、下加賀田村、矢野下村、大古山村、南小泉村
    • 岩間村 ← 岩間下郷、岩間上郷、泉村、市野谷村、吉岡新田、福島新田
    • 南川根村 ← 押辺村、土師村、安居村
    • 北川根村 ← 湯崎村、住吉村、長兎路村、随分附村、柏井村、仁古田村
    • 大原村 ← 小原村、下市原村、上市原村、中市原村
    • 大池田村 ← 大橋村、池野辺村、福田村、飯田村
    • 七会村 ← 徳蔵村、塩子村、小勝村、大網村、真端村、上赤沢村、下赤沢村(現・東茨城郡城里町)
    • 北山内村 ← 箱田村、片庭村、大淵村、金井村、寺崎村、日沢村、大郷戸村、石寺村
    • 西山内村 ← 稲田村、福原村、飯合村
    • 南山内村 ← 北吉原村、上加賀田村、手越村、南吉原村、来栖村、本戸村
    • 東那珂村 ← 西小塙村、加茂部村、高幡村、猿田村、松田村、木植村、曽根村、今泉村、水戸村、青柳村、友部村、磯部村、上城村、稲村(現・桜川市)
    • 北那珂村 ← 南飯田村、亀岡村、大月村、小塩村、平沢村、池亀村、坂本村、間中村、福崎村、山口村、入野村、中里村、富谷村、門毛村(現・桜川市)
    • 西那珂村 ← 富岡村、岩瀬村、鍬田村、飯淵村、久原村、大泉村、長方村、上野原地新田、西飯岡村、堤上村、本郷村、下泉村、中泉村、犬田村(現・桜川市)
  • 1896年(明治29年)7月1日 - 郡制を施行。
  • 1923年大正12年)
    • 3月1日 - 岩間村が町制施行して岩間町となる。(3町11村)
    • 4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 1926年(大正15年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 1925年(大正14年)1月1日 - 西那珂村が町制施行・改称して岩瀬町となる。(4町10村)
  • 1954年昭和29年)
    • 8月15日 - 西山内村が町制施行、即日改称して稲田町となる。(5町9村)
    • 11月23日 - 岩間町・南川根村が合併し、改めて岩間町が発足。(5町8村)
  • 1955年(昭和30年)
    • 1月15日 - 宍戸町・大原村・北川根村が合併して友部町が発足。(5町6村)
    • 2月11日 - 笠間町・大池田村・北山内村・南山内村が合併し、改めて笠間町が発足。(5町3村)
    • 3月31日(5町1村)
      • 友部町が東茨城郡鯉淵村の一部(鯉渕・五平の各一部)を編入。
      • 岩瀬町・北那珂村・東那珂村が合併し、改めて岩瀬町が発足。
  • 1958年(昭和33年)
    • 2月15日 - 稲田町が笠間町に編入。(4町1村)
    • 8月1日 - 笠間町が市制施行して笠間市となり、郡より離脱。(3町1村)
  • 2005年平成17年)
  • 2006年(平成18年)3月19日 - 岩間町・友部町が笠間市と合併し、改めて笠間市が発足。同日西茨城郡消滅。

変遷表編集

自治体の変遷
明治22年4月1日 明治22年 - 大正15年 昭和1年 - 昭和30年 昭和31年 - 昭和64年 平成1年 - 現在 現在
笠間町 笠間町 昭和30年2月11日
笠間町
笠間町 昭和33年8月1日
市制
平成18年3月19日
笠間市
笠間市
大池田村 大池田村
北山内村 北山内村
南山内村 南山内村
西山内村 西山内村 昭和29年8月15日
町制改称 稲田町
昭和33年2月15日
笠間町に編入
宍戸町 宍戸町 昭和30年1月15日
友部町
友部町
大原村 大原村
北川根村 北川根村
東茨城郡
鯉淵村の一部
東茨城郡
鯉淵村の一部
昭和30年3月31日
友部町に編入
岩間村 大正12年3月1日
町制
昭和29年11月23日
岩間町
岩間町
南川根村 南川根村
西那珂村 大正14年1月1日
町制改称 岩瀬町
昭和30年3月31日
岩瀬町
岩瀬町 平成17年10月1日
桜川市の一部
桜川市
北那珂村 北那珂村
東那珂村 東那珂村
七会村 七会村 七会村 七会村 平成17年2月1日
東茨城郡城里町の一部
東茨城郡
城里町

行政編集

歴代郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治11年(1878年)12月2日
大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 領主から年貢免除の特権を与えられた土地。
  2. ^ 町村の統合は3月31日

参考文献編集

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編 『角川日本地名大辞典』 8 茨城県、角川書店、1983年12月1日。ISBN 4040010809 
  • 旧高旧領取調帳データベース

関連項目編集

先代
茨城郡
行政区の変遷
1878年 - 2006年
次代
(消滅)