島津 綱久(しまづ つなひさ)は、江戸時代前期の薩摩藩の世嗣。官位従四位上侍従薩摩守

 
島津綱久
時代 江戸時代前期
生誕 寛永9年4月1日1632年5月19日
死没 延宝元年2月19日1673年4月6日
改名 虎寿丸(幼名)、久平(初名)、綱久
別名 又三郎(通称)
神号 廣足豊雲根命
戒名 泰清院殿観山良無大居士
墓所 鹿児島県鹿児島市池之上町島津家墓地
官位 従四位上侍従薩摩守
薩摩鹿児島藩世嗣
氏族 島津氏
父母 島津光久伊勢貞豊の娘・曹源院殿
兄弟 綱久北郷久定忠長久岑久逵久侶鎌田正長久理喜入久亮久明久当久記桂久祐畠山基明入来院明雅久房久雄税所久皎、満、辰、酉、亀、鶴、鶴千代ら20男19女
正室松平定頼の長女・真修院殿
綱貴酒井忠隆正室、六七、久季鳥居忠英正室
テンプレートを表示

生涯編集

寛永9年(1632年)4月、2代藩主・島津光久の長男として誕生。母は正室・曹源院殿(伊勢貞豊[1]の娘[2])。正室は伊予国松山藩2代藩主・松平定頼の長女・真修院殿。側室は記録に残っていない。

慶安4年(1651年)、4代将軍徳川家綱より、「松平」の名字と、「綱」の一字(偏諱)を賜って松平薩摩守綱久と称する[3]。嫡男として光久の後継者と目されていたが、延宝元年(1673年)2月、父に先立って42歳で早世した。代わって長男・綱貴が家督を継いだ。

逸話編集

  • 剣術示現流宗家師範家の東郷氏と関係があり、東郷重利に子の実満が誕生した時には祝福し、実満を見たがっていたが、叶うことなく綱久は死去したという(示現流聞書喫緊録付録系図)。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 島津家家老伊勢貞昌の子。
  2. ^ 曹源院殿の母は種子島氏十六代久時の娘。つまり種子島久時は母方の祖父にあたる。
  3. ^ 村川浩平「島津氏への松平氏下賜」『日本近世武家政権論』、2000年。