メインメニューを開く

一世一元の制(いっせいいちげんのせい)とは、君主皇帝天皇国王)1人につき年号を1つ制定する制度である。

目次

中国編集

 
大明太祖皇帝

1368年紅巾軍の首領・朱元璋南京で即位して朝を樹立し、この年を「洪武元年」とした時に一世一元の制を採用した。明朝成立前の時代は、人心の一新を目的とする改元もしばしば行われていた。明の次の王朝である朝も、明朝の一世一元の制を継承した。但し、朝と朝は、君主が交代しても直ちに改元せず、君主が交代した年の翌年元日から新元号が適用される「踰年改元」が普通であった。

ベトナム編集

清の冊封国であったベトナムでは、1802年阮朝が建てられるとともに一世一元の制が行なわれた。

日本編集

日本で一世一元の制が実施された時期は、明治維新に当たる1868年慶応から明治への改元からであり、それ以前は天皇の在位中にも災害など様々な理由によりしばしば改元が行なわれていた。また、寛永慶長のように、新たな天皇が即位しても、元号が変わらない場合もあった。

明治政府は、慶応4年を改めて「明治元年」とするとともに、一世一元の詔で天皇一代につき一元号とする一世一元の制を定めた。日本の場合、明朝や清朝とは異なり、君主が交代した日にすぐ新元号を適用する「即日改元」が実施された。

第二次世界大戦後に制定された日本国憲法1947年昭和22年)施行の皇室典範では元号の規定が明記されず、同年5月3日を以って元号の法的根拠は消失した。その後も昭和という元号はあくまで慣例として用いられていたが、昭和天皇の高齢化に伴い、元号法制化を求める声が高まったのを受け、1979年(昭和54年)6月6日には元号法が成立した。元号法に基づいて、1989年(昭和64年)の昭和天皇の崩御に伴う皇太子明仁親王即位を受けて「平成」の元号が、2019年(平成31年)4月30日譲位特例法に基づく天皇明仁の退位に伴う翌5月1日皇太子徳仁親王の即位を受けて「令和」の元号が定められ、一世一元が継続されている。

元号名 期間 年数 通算年日数 天皇名 改元理由
公的 当時
漢字 読み 始期 現在 始期 現在
令和 れいわ 令和元年(2019年)
5月1日
令和元年(2019年
6月26日(継続)
令和元年(2019年)
5月1日
令和元年(2019年
6月26日(継続)
0年 56日間 今上天皇 皇室典範特例法に基づく
明仁天皇の退位及び
今上天皇即位による改元。

朝鮮編集

朝鮮で一世一元の制を実施した時期は、李氏朝鮮末期である。政府は、1895年開国504年)11月15日詔勅を発布し、翌1896年太陽暦とともに建陽の元号を建て、当制度を採用した。さらに翌年の1897年には国号を大韓帝国と改めると共に元号も光武と改め、以後は1910年の併合により大韓帝国が消滅するまで一世一元が続いた。

脚注編集

関連項目編集