メインメニューを開く

川崎 悦子(かわさき えつこ)は、振付師ダンサー

1983年一世風靡セピアのデビュー曲『前略、道の上より』で振付師としてデビューする。 劇団☆新感線第三舞台宝塚歌劇団演劇集団キャラメルボックス等の舞台の振り付けを手掛け、また、自らのダンススタジオである「BEATNIK STUDIO」としてのダンス公演も行い、その公演では作・演出も手掛けている。

2005年にはテレビドラマ「女王の教室」でエンディングの振付を担当し話題になった。

目次

主な振付作品編集

宝塚歌劇編集

  • 凍てついた明日
  • 螺旋のオルフェ
  • TEMPEST
  • BLUE・MOON・BLUE
  • デパートメント・ストア
  • パッサージュ
  • バビロン
  • 白昼の稲妻
  • 薔薇の封印
  • ロマンチカ宝塚'04
  • マラケシュ・紅の墓標
  • タランテラ
  • TUXEDO JAZZ
  • ソロモンの指輪

その他舞台編集

その他編集

出演作品編集

外部リンク編集