第三舞台

第三舞台(だいさんぶたい)とは、株式会社サードステージが運営する、鴻上尚史主宰の劇団小劇場運動第3世代の代表的な劇団の一つである。

2001年からの10年間の活動封印中を経て、2011年に復活と同時に、2012年1月15日の『深呼吸する惑星』福岡公演を最後に解散した。

主な上演作品に『朝日のような夕日をつれて』、『天使は瞳を閉じて』などがある。

目次

来歴編集

1981年早稲田大学演劇研究会の中の劇団(アンサンブル)として結成された。当時の劇団員は主宰の鴻上尚史のほか、男性俳優5人。岩谷真哉大高洋夫名越寿昭ら。鴻上の作・演出により、当時流行の玩具ルービックキューブを題材にとり、サミュエル・ベケットの『ゴドーを待ちながら』を下敷きにした戯曲『朝日のような夕日をつれて』を大隈講堂裏の劇研のテントで上演し、旗揚げした。翌年新入部員を新たな劇団員として迎える。このとき小須田康人長野里美らが入団する。核シェルターを舞台にゴーリキーの『どん底』を下敷きにした第二戯曲『宇宙で眠るための方法について』を同テントで上演。続いて第三戯曲『プラスチックの白夜に踊れば』で同テントを大隈講堂前広場に設営して上演する。これら三戯曲の間には筋の連続や登場人物のつながりはないが、そこには世界の終わりというゆるい主題の連関があり、鴻上はこれを「核戦争三部作」と呼んだ。

1983年池袋の劇場、シアターグリーンの主催するシアターグリーンフェスティバルで『朝日のような夕日をつれて』を上演。これが最初の劇場公演となった。同年『デジャ・ヴュ』を大隈講堂裏特設テントで上演。初めてマスコミで取り上げられる。翌年ザ・スズナリで『宇宙で眠るための方法について』を再演。第三舞台は次第に演劇界の注目を集めるようになっていき、鴻上の戯曲集も刊行された。その時々の風俗を取り入れた軽妙な台詞のやり取り、流行の音楽を多用しダンスを取り入れた舞台進行、速い場面の移り変わりは80年代初頭の観客に熱狂的に迎えられた。一方作品全体を覆う虚無感と閉塞感により「明るい虚無」といわれる。順調に人気を伸ばしながらも、大高洋夫が就職により一時舞台を離れたり(『リレイヤー』の解散した劇団という設定はこのときの状況を反映したもの)、岩谷真哉のバイク事故死などの困難を経るが、1984年ザ・スズナリの『モダン・ホラー』を最後に、早稲田大学演劇研究会を離れ、プロ化へ乗り出す。1985年1月紀伊國屋ホールに初めて進出し、『朝日のような夕日をつれて '85』を上演した。同年10月、ザ・スズナリで新作『もうひとつの地球にある水平線のあるピアノ』を上演。その観客動員の多さに、もはやザ・スズナリ規模での公演は不可能だと確信した、と鴻上自身が著書等で述べている。

1986年2月には『デジャ・ヴュ』を『デジャ・ヴュ'86』として再演、東京・紀伊國屋ホールと大阪・近鉄小劇場で公演を行った。第三舞台にとってはこれが初めての大阪公演であった。同年12月には、サンシャイン劇場で新作『ハッシャ・バイ』を上演。1カ月間の公演で延べ2万人の観客を集め、夢の遊眠社を抜いて、小劇場動員ナンバー1を記録する(その動員記録は翌年の夢の遊眠社『明るい冒険』で再び抜かれるが)。このころから鴻上は毎回岸田國士戯曲賞の候補となるが、その軽いとも揶揄される作風が審査員にはやや不評を買い「万年岸田賞候補作家」と自称するようになる。一方、劇団の主宰者としての鴻上は「演劇で食っていける劇団」を標榜し劇団員のテレビなどの出演にも積極的に取り組み、岩谷の後を埋めた筧利夫勝村政信らが人気を博すようになっていく。名越は本職である教師専念のため『ハッシャ・バイ』を最後に退団。第三舞台を退団していた池田成志がたびたび客演するようになる。

1980年代末になると、他の演出家の公演にも劇団員は参加するようになる。その間も第三舞台は順調に人気を伸ばし、人気劇団としての地位をゆるぎないものにしていった。1991年にはエディンバラ・フェスティバルに参加し『The Angels With Closed Eyes(天使は瞳を閉じて インターナショナル・ヴァージョン)』をイギリス3都市で上演した。

鴻上は1994年に『スナフキンの手紙』(スナフキンは鴻上が上演時に配る手書きコピーの「ごあいさつ」でたびたびモチーフにする、『ムーミン』の登場人物である放浪の詩人である)で岸田國士戯曲賞を受賞。しかしこの頃から劇団員の外部活動が本格化し劇団としての公演スケジュールを確保するのが困難になった上、長野里美や鴻上自身のイギリス留学なども重なり、公演回数は減少していった。2001年には第三舞台20周年記念公演として『ファントム・ペイン』を上演した。同公演を封印公演として10年間の休眠に入った。

2011年1月28日、第三舞台復活ホームページが開設され、鴻上より10年間の封印の解除を表明。さらに、2011年7月21日、主宰の鴻上より、劇団を解散するとの発表があった。[1]

そして、2012年1月15日、『深呼吸する惑星』福岡公演をもって、31年の歴史にピリオドを打った。

所属俳優・所属していた俳優編集

現在の劇団員は正式に公表されていない。早い段階(1990年代後半)から劇団員の多くが第三者のプロダクションに所属しており、また2006年9月には当時のサードステージ・マネージメント部が独立したため、株式会社サードステージに所属する劇団員はゼロとなった。

2009年現在、株式会社サードステージにはマネージメント部が復活し、数名の俳優が所属しているが、いずれも鴻上が2008年に旗揚げした『虚構の劇団』の劇団員である。

上記来歴に記載のない、主な劇団員経験者は以下の通りである。

公演歴編集

※第三舞台公演のみ。サードステージプロデュースは除く

1981年5月 朝日のような夕日をつれて 早稲田大学大隈講堂裏特設テント
1981年10月 宇宙で眠るための方法について 早稲田大学大隈講堂裏特設テント
1982年5月 プラスチックの白夜に踊れば 早稲田大学大隈講堂特設テント 大学無許可の大隈講堂公演
1982年10月 電気羊はカーニバルの口笛を吹く 早稲田大学大隈講堂裏特設テント
1983年2月 朝日のような夕日をつれて'83 シアターグリーン
1983年6月 リレイヤー 早稲田大学大隈講堂裏特設テント
1983年10月 デジャ・ヴュ 早稲田大学大隈講堂裏特設テント
1984年2月 宇宙で眠るための方法について ザ・スズナリ
1984年5月 プラスチックの白夜に踊れば 早稲田大学大隈講堂裏特設テント 岩谷真哉死去の為、公演中止
1984年9月 モダン・ホラー ザ・スズナリ
1985年2月 朝日のような夕日をつれて'85 紀伊國屋ホール
1985年3月 春にして君とわかれ 東芸劇場 若手番外公演
1985年6月 リレイヤー 本多劇場
1985年7月 朝日のような夕日をつれて'85 紀伊國屋ホール
1985年10月 もうひとつの地球にある水平線のあるピアノ ザ・スズナリ
1986年2月 デジャ・ヴュ'86 紀伊國屋ホール
近鉄小劇場
1986年6月 スワンソングが聴こえる場所 本多劇場
1986年12月 ハッシャ・バイ サンシャイン劇場
1987年7月 朝日のような夕日をつれて'87 紀伊國屋ホール
名古屋フレックスホール
近鉄小劇場
札幌本多劇場
1987年12月 モダン・ホラー特別編 本多劇場
1988年7月 天使は瞳を閉じて 紀伊國屋ホール
近鉄小劇場
1989年2月 宇宙で眠るための方法について・序章 紀伊國屋ホール
近鉄小劇場
1989年9月 ピルグリム スペース・ゼロ
近鉄アート館
1990年8月 ビー・ヒア・ナウ シアターコクーン
近鉄劇場
1991年2月 朝日のような夕日をつれて'91 紀伊國屋ホール 実験的に1日だけクローズドサーキットスタジオアルタで実施
1991年8月 ハッシャ・バイ 紀伊國屋ホール
近鉄小劇場
クローズドサーキットを東京・大阪・福岡・名古屋で実施
1991年11月 天使は瞳を閉じて インターナショナル・ヴァージョン
~THE ANGELS WITH CLOSED EYES~
ロンドン MERMAID THEATRE
エディンバラ ST. BRIDES CENTER
ベルファスト STRANMILLIS THEATRE
近鉄小劇場
シアターアプル
劇団初の海外公演
1994年7月 スナフキンの手紙 アートスフィア
近鉄劇場
1995年4月 パレード旅団 PARCO劇場
近鉄小劇場
1996年8月 リレイヤーIII サンシャイン劇場
近鉄劇場
1997年1月 朝日のような夕日をつれて'97 紀伊國屋サザンシアター
近鉄小劇場
札幌道新ホール
福岡大野城まどかぴあ
2001年9月 ファントム・ペイン ル テアトル銀座
近鉄劇場
メルパルクホールFUKUOKA
第三舞台20周年記念&10年間封印公演
2011年11月 深呼吸する惑星 紀伊國屋ホール
森ノ宮ピロティホール
KAAT神奈川芸術劇場
サンシャイン劇場
福岡キャナルシティ劇場
第三舞台封印解除&解散公演
大千秋楽の公演のみクローズドサーキットを全国のワーナー・マイカルTOHOシネマズで実施。

脚注編集

外部リンク編集