メインメニューを開く

川嶋 四郎(かわしま しろう)は、日本法学者。専門は民事救済法。九州大学法学部教授、ノースカロライナ大学客員教授等を経て、同志社大学法学部教授、日本民事訴訟法学会理事、日本学術会議連携委員。

人物・経歴編集

滋賀県甲賀郡水口町(現甲賀市)生まれ[1]滋賀県立膳所高等学校を経て[2]、1982年早稲田大学法学部卒業。1984年一橋大学大学院法学研究科修士課程修了、法学修士。1987年一橋大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得満期退学。竹下守夫に師事。我妻学は大学・大学院の1年後輩[3]

1987年一橋大学法学部助手。1988年小樽商科大学商学部専任講師。同助教授を経て、1991年熊本大学法学部助教授。1997年九州大学法学部助教授。1999年同教授。2001年ノースカロライナ大学法科大学院客員教授。2007年九州大学博士(法学)。2008年同志社大学法学部法律学科教授[3]

専門は民事救済法で、民事訴訟法民事執行法民事保全法倒産法裁判外紛争解決手続裁判所法環境法など、法的救済のあり方を研究する[2]日本民事訴訟法学会理事。日本学術会議連携委員[4][3]。また、ベトナムの判決執行法制定や国家司法学院創設など法整備支援にも携わった[5]

著書編集

  • 『わが国における「救済法」の展開可能性に関する基礎的研究』九州大学 1996年
  • 『救済法の観点による民事手続過程の再構築』九州大学 1999年
  • 『民事救済法理論の解釈論的』九州大学 2003年
  • 『民事訴訟過程の創造的展開』弘文堂 2005年
  • 『民事救済過程の展望的指針』弘文堂 2006年
  • 『アメリカ・ロースクール教育論考』弘文堂 2009年
  • 『日本人と裁判』日本評論社 2013年
  • 『民事訴訟法概』弘文堂 2013年、第2版2016年
  • 『民事訴訟法』日本評論社 2013年
  • 『公共訴訟の救済法理』有斐閣 2016年

脚注編集