メインメニューを開く

工藤 紀夫(くどう のりお、昭和15年(1940年8月2日 - )は、囲碁棋士青森県弘前市出身、日本棋院東京本院所属、前田陳爾門下、九段。元日本棋院副理事長。

 工藤紀夫 九段
名前 工藤紀夫
生年月日 (1940-08-02) 1940年8月2日(78歳)
プロ入り年 1955年
出身地 青森県弘前市
所属 日本棋院東京本院
師匠 前田陳爾・勝本哲州
段位 九段
概要
タイトル獲得合計 2
七大タイトル
王座 1期 (1977)
天元 1期 (1997)
碁聖 挑戦者 (1985)

第25期王座・第23期天元位。第31回棋道賞優秀棋士賞受賞。若い頃は力碁で「眠狂四郎」のニックネームがあったが、後年粘り強く冷静な棋風へと変化した。

現在、存命の七大タイトル獲得経験者では最年長である。

目次

経歴編集

1952年に勝本哲州に誘われて一緒に上京し、日本棋院院生となり、1955年入段して前田陳爾門下となる。1976年九段。

大竹英雄林海峰と並ぶ素材と期待されながらなかなかタイトル戦線に登場できなかったが、1977年趙治勲を破って初タイトルとなる王座を獲得。

1997年柳時熏を降して57歳で天元を獲得、20年ぶりにタイトルホルダーに返り咲いた。

翌年小林光一に敗れてタイトルを失うが、翌々年再び挑戦権を得てリターンマッチに挑むなど、中高年の星として話題を集めた。

2011年10月6日、公式戦通算1000勝達成(613敗4ジゴ)[1]

棋士間での人望も厚く、2002年に日本棋院常務理事、後に副理事長・理事長代行を務め、加藤正夫らとともに棋院改革に当たった。理事時代の2002年、コミを5目半から6目半に変えた。

また地元青森県で「工藤紀夫杯争奪囲碁大会」を開催するなど、アマチュアへの普及にも熱心なことで知られる。囲碁の他、将棋はアマチュア五段の腕前を持つ。

タイトル獲得歴編集

  • 王座1期(1977年)
  • 天元1期(1997年)

その他の棋歴編集

新手編集

                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 

村正の妖刀」に対し、白1へと大々ゲイマに(通常の大ゲイマより一路広く)打つ手を開発している。1977年の本田邦久九段戦で初採用。妖刀定石の有力な変化とされている。初めて対するプロ棋士であると、黒が白の五目を取り、白が外勢をはる変化になりやすい。工藤がアマチュアの弟子に質問されて、そこから発想した手という。

工藤流編集

                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     

黒番で1のから3,5のシマリを打ち、白6のワリウチに黒7から9と構える布石を一時期多用し、「工藤流」と呼ばれた。

著作編集

  • 『定石の選びかた 新中級シリーズ』日本棋院 1980年
  • 『工藤紀夫・高木祥一』(現代囲碁大系32)1982年
  • 『ひらめきの碁学』独楽書房 1984年(ユージン伝 2003年)
  • 『最強の詰碁 初段・二段・三段―三手の詰碁から古典詰碁まで』成美堂 1998年
  • 『五段へ!四つの実践 日本棋道協会の有段者特訓塾7』フローラル出版 2000年
  • 『囲碁鉄人指南 中盤戦の定石―攻めと守りこの一手 (囲碁鉄人指南)』日本棋院 2001年
  • 『二子強くなるヨセ学 (日本棋道協会の有段者特訓塾)』フローラル出版 2002年
  • 『工藤紀夫—打碁鑑賞シリーズ<3>』日本棋院 2003年
  • 『やさしい定石 (マイコミ囲碁文庫シリーズ)』2007年
  • 『置碁三、四、五子局―白の狙いと黒の対策』日本棋院 2010年
  • 『やさしい死活 詳解85型+211問 (マイコミ囲碁文庫シリーズ)』2010年

エピソード編集

  • 若い頃の力碁は有名で、1955年影山利郎との対戦ではねじり合いから次々と黒石を打ち上げ、アゲハマ合計37個という歴史的な石取りを記録している。
  • 1997年の天元戦5番勝負でコウの石をすぐに取り返すという反則を犯し、反則負けを喫した。しかしこのことに動ぜず戦い、33歳年下の柳時熏を3-1で降してタイトルを奪取した。
  • 競輪ファンとして知られ、徳間書店から1986年に発刊された、阿佐田哲也編、『競輪痛快丸かじり』[2]にも登場した。

外部リンク編集

脚注編集