メインメニューを開く

市原 昌三郎(いちはら しょうざぶろう、1922年3月9日 - 2010年1月2日)は、日本の法学者。専門は行政法一橋大学名誉教授。1997年勲二等瑞宝章受章。

経歴編集

千葉県千葉郡津田沼町(現習志野市)生まれ。千葉県立千葉中学校(現千葉県立千葉高等学校)を経て、1940年4月東京商科大学(現一橋大学予科入学。1943年から学徒出陣により東部第64部隊入隊、1944年南方戦線に従軍、1945年ボルネオ島終戦を迎え、マンガル第8収容所収容、1946年帰国し復学。1947年東京商科大学学部卒業(卒業論文「シュタムラー法哲学」)。1947年から1952年まで東京商科大学特別研究生として田上穣治に師事。

1952年東京商科大学講師、1956年一橋大学法学部助教授。1957年から1959年までアレキサンダー・フォン・フンボルト財団奨学生としてシュパイアー行政大学院及びハイデルベルク大学に留学しカール・ヘルマン・ウーレ等に師事。1962年一橋大学法学部教授、1969年から1972年まで一橋大学法学部長及び評議員。1985年一橋大学を停年退官し一橋大学名誉教授の称号を受ける。同年日本大学法学部教授就任。この間埼玉大学山形大学人文学部等でも非常勤講師として教鞭をとる。

また比較憲法学会顧問や、1971年から労働省公共企業体等労働委員会公益委員(1983年から会長代理)、1972年から1977年まで特許庁弁理士審査会臨時委員、1973年から1982年まで郵政省電波監理審議会委員(1981年から1982年まで会長代理)、1980年から行政管理庁オンブズマン制度研究会委員、1980年から建設省公共用地審議会委員、1983年から郵政省郵政審議会委員、1985年から郵政省郵務局「二十一世紀に向けての郵便のあり方に関する調査研究会」座長等を歴任。東京第二弁護士会所属の弁護士としても活動。1997年、勲二等瑞宝章を受章。2010年1月東京都青梅市の病院で死去。享年87。

指導学生に、三木義一青山学院大学長)[1]藤原静雄中央大学教授)、高橋滋(一橋大学名誉教授)、山田洋(一橋大学名誉教授)、今村哲也明治大学教授)、鈴木庸夫千葉大学名誉教授)[2]等がいる。他に、市原ゼミナール出身者としては山浦善樹最高裁判所裁判官)、伊藤庄平(元労働事務次官、元労働者健康福祉機構理事長)等がいる[3][4][5]

脚注編集