八代目 市川門之助(はちだいめ いちかわ もんのすけ、1959年昭和34年)9月24日 - )は歌舞伎役者。屋号は瀧乃屋。定紋四ツ紅葉。歌舞伎名跡「市川門之助」の当代。

はちだいめ いちかわ もんのすけ
八代目 市川門之助
屋号 瀧乃屋
定紋 四ツ紅葉 Yotsu Momiji inverted.jpg
生年月日 (1959-09-24) 1959年9月24日(60歳)
襲名歴 1. 二代目市川小米
2. 八代目市川門之助
出身地 東京都
七代目市川門之助
兄弟 市川八重(長姉)
彩辰美(次姉)
十一代目市川高麗蔵(義兄)
公式サイト http://www.monnosuke.net/
当たり役
義経千本桜』「四の切」の九郎判官義経
ヤマトタケル』の姥神/皇后
ワンピース』の大参謀つる

人物編集

父は先代門之助で、二代目猿之助七代目尾上菊五郎の一座で活躍した名脇役。祖母(父の養母)は初代市川左團次の娘で、二代目市川齊入は遠縁にあたる〔齊入の曾々祖父である初代齊入(初代右團次)が門之助の曾々祖父・左團次の弟〕。このため市川左團次家とも縁戚関係にはないが関係がある。

1969年(昭和44年)2月、歌舞伎座義経千本桜』鮨屋の六代君ほかで二代目市川小米を名乗り初舞台。

1990年(平成2年)10月に父・七代目門之助が急逝。2か月後の同年12月に三代目猿之助が後見となり歌舞伎座『義経千本桜』「四の切」の九郎判官義経ほかで八代目市川門之助を襲名、同時に名題昇進。

父である先代も女形立役を問わず演じたが、自身も二枚目からどっしりとした敵役、若女形、老婆まで幅広くこなす。演目も時代物、世話物、新作歌舞伎とジャンルを問わない。面長で古風な顔立ちで品位があり、どんな役でも風情を漂わす。

義経を当たり役としている「四の切」に2010年代だけでも義経のほか「静御前」「駿河次郎」などで度々出演している事実だけでもその芸の幅の広さがうかがい知れる。

三代目猿之助(現・猿翁)のスーパー歌舞伎(および四代目猿之助のスーパー歌舞伎Ⅱ)には、1986年のヤマトタケル初演時に前名の小米で出演(琉球の踊り子/クロマルほか[1])して以来、今日まですべての作品に皆勤で出演している数少ない出演者である。

また、ハワイ州立大学の演劇部歌舞伎プロジェクトに参画し学部生の授業やオープン講座を行ったり[2]、自ら頻繁に更新するブログでは英語訳を併記するなどインテリぶりを発揮している。

姉が二人おり、上の姉は元女優で十一代目市川高麗蔵の妻である市川八重、下の姉は元宝塚女優の彩辰美(63期)。

伝統歌舞伎保存会会員。

受賞歴編集

  • 1972年(昭和47年)国立劇場奨励賞
  • 1990年(平成2年)歌舞伎座奨励賞

主な出演編集

  • 歌舞伎(度々演じているなど代表的なもの)
  • スーパー歌舞伎
    • ヤマトタケル」 - 皇后・姥神(かつては父・七代目門之助が勤めていた)
    • 「リュウオー」 - 漁師タラシ
    • オグリ」 - 横山家の次男家兼・近江屋の女郎空蝉(1991-2年)、横山家の嫡男横山家継・薬師如来(1998年)鷹乃・薬師如来(2019年・新版オグリ)
    • 「八犬伝」 - 犬飼現八
    • 「カグヤ」 - 大倉成道・ヒナ
    • 「オオクニヌシ」 - ウムガイ・ウタリヒコ
    • 「新・三国志」 - 陸遜
    • 「新・三国志Ⅱ」「新・三国志Ⅲ」 - 彩霞
    • 「空ヲ刻ム者」 - 長邦
    • 「ワンピース」 - 大参謀つる

映画編集

脚注編集

外部リンク編集