市松小僧の女』(いちまつこぞうのおんな)は、池波正太郎作の歌舞伎演目である。1977年2月池波自身の演出により歌舞伎座で初演された際には新作歌舞伎の優れた脚本に贈られる大谷竹次郎賞を受賞した。2019年11月に歌舞伎座で『江戸女草紙市松小僧の女』の外題で初演以来42年ぶりに再演された[1]。また、池波の短編小説に『市松小僧始末』という作品があり、『鬼平犯科帳』や『剣客商売』(1973年)の「男まさり」に脚色されている。

キャスト編集

[1]

初演時編集

再演時編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『吉例顔見世大歌舞伎』歌舞伎座、2019年。 (2019年11月歌舞伎座公演筋書)