メインメニューを開く

市長死す』(しちょうしす)は、松本清張短編小説。『別冊小説新潮』1956年10月号に掲載、同年10月に短編集『』収録の1編として、講談社ロマン・ブックスより刊行された。

1959年2012年にテレビドラマ化されている。

あらすじ編集

九州のある小さな市の市長・田山与太郎は、市会議員と秘書を連れ、陳情で上京したが、明日は地元に帰るという前の晩、議員たちを新国劇へと招待した。ところが、二幕目が開き寄席へ戻った市長は、しきりと考える風をみせ、ホテルへ戻るやいなや、急な用件で志摩川温泉へ行くと言い出し、議員と秘書を地元に帰してしまった。それから三・四日過ぎても市長は帰ってこなかった。地元紙が騒ぎかけた時、田山市長の転落死体が志摩川温泉で発見された。

市長の奇妙な行動の裏にはいったい何があったのか?醬油屋を営む若き市会議員・笠木の調査が始まる。

テレビドラマ編集

1959年版編集

1959年1月28日(22:00-22:40)、日本テレビ系列の「スリラー劇場・夜のプリズム」第2回として放映。

キャスト
スタッフ


日本テレビ スリラー劇場・夜のプリズム
前番組 番組名 次番組
悪魔の小さな土地
(1959.1.21)
市長死す
(1959.1.28)
消えた動機
(1959.2.4)

2012年版編集

松本清張没後20年特別企画
市長死す
ジャンル テレビドラマ
原作 松本清張『市長死す』
脚本 樫田正剛
演出 西浦正記
出演者 反町隆史
木村多江
イッセー尾形
倍賞美津子ほか
プロデューサー 樋口徹
竹田浩子
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域   日本
放送期間 2012年4月3日
放送時間 21:00 - 23:24
テンプレートを表示

松本清張没後20年特別企画・市長死す」。2012年4月3日(21:00-23:24)、フジテレビ系列にて放映。平均視聴率は14.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

舞台は放送時と同じく2010年代とされ、主人公の笠木が田山の甥で花屋経営だったり、田山が死ぬ前に行ったのは観劇ではなく視察を兼ねたクラシックコンサートだったりと、設定にいくつかの変更がある。

キャスト
スタッフ

外部リンク編集