木村多江

日本の女優 (1971-)

木村 多江(きむら たえ、1971年3月16日 - )は、日本の女優である。東京都出身[1]融合事務所所属。

きむら たえ
木村 多江
生年月日 (1971-03-16) 1971年3月16日(50歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
身長 162 cm[1]
血液型 A型[1]
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画舞台CM
配偶者 あり
事務所 融合事務所
公式サイト 公式ウェブサイト
主な作品
テレビドラマ
救命病棟24時
大奥
アンフェア
てるてるあした
上海タイフーン
とと姉ちゃん
ブラックリベンジ
あなたの番です
映画
怪談
『スターフィッシュホテル』
ぐるりのこと。
 
受賞
日本アカデミー賞
最優秀主演女優賞
2008年ぐるりのこと。
ブルーリボン賞
主演女優賞
2008年『ぐるりのこと。』
その他の賞
受賞歴参照
テンプレートを表示

略歴

白百合学園高等学校[2]昭和音楽芸術学院ミュージカル科卒業[3]。在学中から『美少女戦士セーラームーン』に出演[3]するなど舞台女優として活動[4]。19歳より舞台に立っていたが、21歳の時には父親が急逝し、パン屋やホテルスタッフ、レストラン、コーヒーショップ、知育研究所など朝から晩まで様々なアルバイトを3つ掛け持ちして家計を支えた[4][5]。20代後半は働き過ぎで睡眠時間が1 - 2時間しかなかったという[6]

2005年6月に広告代理店電通の社員と結婚し[7]2007年8月に妊娠を発表。体調などを考え『大奥』を降板し[8]、主演ドラマ『上海タイフーン』は制作途中で無期延期となる[9]2008年2月23日に第1子(長女)を出産[10]。出産後初の公の場となった主演映画『ぐるりのこと。』のプレミア試写会や、『上海タイフーン』の製作発表会見時に自らの妊娠による製作延期に触れ、謝罪した[11][12]

初主演映画『ぐるりのこと。』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、ブルーリボン賞主演女優賞、高崎映画祭で最優秀主演女優賞を受賞する[2]。2010年の日本アカデミー賞の司会を関根勤と共に務めた。

2010年、CNNの「まだ世界的に名前は売れていないが、演技力のある日本の俳優7人」の一人に選ばれた[13]

2017年10月5日放送開始の『ブラックリベンジ』は民放の連続ドラマでの初主演[14]

人物

特技はバレエ[1]日本舞踊(師範)[1]野菜ソムリエの資格ももつ[15]

1999年のドラマ『リング〜最終章〜』と『らせん』での山村貞子役で注目され、以降『救命病棟24時』の山城紗江子役や『白い巨塔』での林田加奈子役、『カレ、夫、男友達』『ゼロの焦点』などに出演[16]。演じた役柄から「薄幸女性がよく似合う」「日本一不幸役が板につく女優[8]」などと称され、他の同世代女優とは異なる唯一無二のポジションを確立する[16]。しかし木村本人はこれについて、「毎回苦しい」という思いも打ち明けている[17]

30歳の時[18]、連続ドラマが何本も重なる多忙な中、4日間の断食プログラムに参加[19]。終了後、病院から「硬いものと油もの(ピーナッツ)等は当面控えてください。」と言われたのにもかかわらず[18]、回復食としてピーナッツを選び、お腹が破裂しそうなほど膨らんでしまう[19]救急車で救命に運ばれたが、たまたま対応した医師が『救命病棟24時』の監修者本人で、「山城紗江子(ドラマの役名)」の名で言われて[18]ドラマのスタッフの耳に伝わり、恥ずかしい思いをしたというエピソードがある[19]

出演

太字は主演。

テレビドラマ

映画

教養番組

ドキュメンタリー

  • グラン・ジュテ 私が跳んだ日(NHK教育、2011年11月3日)
  • 人間国宝 能楽師 パリでマリー・アントワネットを舞う(BS朝日、2020年1月2日) - ナビゲーター

バラエティ

  • 豪華ゲストを手作り料理でおもてなし!木村多江のおしゃべりな食卓(2019年4月21日、BSテレ東)[15]
  • お笑い二刀流 MUSASHI (2020年11月3日、テレビ朝日) - 特別MC[52]

CM

ミュージックビデオ

舞台

ラジオ

テレビアニメ

書籍

写真集

エッセイ

DVD

  • 台湾瞬色(たいわんしゅんしょく)

受賞歴

脚注

[脚注の使い方]

出典

  1. ^ a b c d e f 木村 多江”. 融合事務所. 2018年6月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e 木村多江”. CDJournal. 2017年12月1日閲覧。
  3. ^ a b 木村多江”. KINENOTE. 2015年11月15日閲覧。
  4. ^ a b 木村多江 (2010年5月6日). 女優・木村多江さん 初エッセイ「かかと」. (インタビュー). 楽天ブックス.. http://books.rakuten.co.jp/RBOOKS/pickup/interview/kimura-tae/ 2013年5月19日閲覧。 
  5. ^ “木村多江 父急逝で21歳で家族背負う”. DAILY SPORTS ONLINE. (2016年4月9日). https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/04/09/0008974508.shtml 2017年1月30日閲覧。 
  6. ^ “「不幸」の次は「タフで妖艶」”. @nifty ニュース. 日刊ゲンダイ2010年9月8日掲載 (ニフティ). (2010年9月11日). オリジナルの2010年9月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100914142504/http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/gendai-000124979/1.htm 
  7. ^ “木村多江 電通の社員と6月に結婚”. Sponichi Annex. (2005年5月25日). オリジナルの2005年6月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050601004305/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005kekon/KFullNormal20050525022.html 2017年9月17日閲覧。 
  8. ^ a b “木村多江が妊娠、舞台「大奥」は降板”. nikkansports.com. (2007年8月8日). https://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20070808-238473.html 2017年9月17日閲覧。 
  9. ^ 木村多江妊娠で、NHKドラマ製作無期限延期に”. ORICON NEWS. オリコン (2007年8月22日). 2017年9月17日閲覧。
  10. ^ “不幸似合う女優が「幸せ」…木村多江が女児出産”. zakzak. (2008年2月26日). オリジナルの2017年9月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170917032154/http://www.zakzak.co.jp/gei/2008_02/g2008022603_all.html 2017年9月17日閲覧。 
  11. ^ “ママ”木村多江、長女出産報告で陳謝”. ORICON NEWS. オリコン (2008年5月9日). 2017年9月17日閲覧。
  12. ^ “出産から復帰の木村多江がドラマ会見出席”. nikkansports.com. (2008年6月30日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20080630-378144.html 2017年9月17日閲覧。 
  13. ^ Japanese actors who can actually act”. CNN Travel. CNN (2010年3月25日). 2013年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月17日閲覧。
  14. ^ 注目ドラマ紹介:「ブラックリベンジ」 木村多江が“復讐の鬼”に スキャンダルを暴く痛快ドラマ MANTANWEB 2017年10月04日(MANTAN、2017年10月4日閲覧)
  15. ^ a b 木村多江、玉木宏&沢村一樹を得意の手作り料理でおもてなし”. ORICON NEWS. オリコン (2019年3月22日). 2019年3月24日閲覧。
  16. ^ a b “薄幸枠”を独占する木村多江 他のアラフォー女優と一線を画す独自のポジション”. ORICON NEWS. オリコン (2016年4月23日). 2017年9月17日閲覧。
  17. ^ a b 木村多江、“薄幸役”に本音「毎回苦しい」”. ORICON NEWS. オリコン (2017年9月16日). 2017年9月17日閲覧。
  18. ^ a b c 「かかと」37ページ 「ピーナッツ事件」
  19. ^ a b c 木村多江、断食後にピーナッツ食べて大惨事「お腹が破裂……」”. RBB TODAY. イード (2018年9月19日). 2018年9月30日閲覧。
  20. ^ 木村多江や仲間由紀恵も!最新作『貞子』に連なる『リング』シリーズの女優たち”. cinemacafe.net. イード (2019年5月7日). 2019年5月18日閲覧。
  21. ^ “「とと姉ちゃん」木村多江が母親役 来春のNHK朝ドラ”. 産経ニュース. (2015年11月10日). オリジナルの2015年11月15日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20151115103302/http://www.sankei.com/entertainments/news/151110/ent1511100006-n1.html 2017年1月30日閲覧。 
  22. ^ 木村多江、孤高の看護師長役で新境地!大奥ばりの存在感でドラマを引き締める”. クランクイン!! (2015年1月31日). 2015年11月15日閲覧。
  23. ^ 木村多江、「まっしろ」の次は“まっくろ”! ドラマ「黒い看護婦」”. cinemacafe.net (2015年1月22日). 2015年11月15日閲覧。
  24. ^ “木村多江 ベッドシーン?で発覚「知らなかった」”. Sponichi Annex. (2015年3月15日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/03/15/kiji/K20150315009986670.html 2015年11月15日閲覧。 
  25. ^ “篠原涼子、広瀬アリス&鈴木梨央の母役に挑戦”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年12月12日). http://www.oricon.co.jp/news/2082031/full/ 2017年8月30日閲覧。 
  26. ^ 木村多江が三浦友和を誘惑!? ドラマ『就活家族』新たな出演者発表”. ORICON STYLE (2016年12月16日). 2017年1月30日閲覧。
  27. ^ 登場人物(キャスト)”. 4号警備. NHK (2017年). 2017年9月17日閲覧。
  28. ^ “木村多江&板尾創路ら「犯罪症候群」Season2のキーパーソンに”. シネマカフェ (イード). (2017年5月17日). http://www.cinemacafe.net/article/2017/05/17/49485.html 2017年8月30日閲覧。 
  29. ^ “木村多江、民放連ドラ初主演 復讐に燃える悪女に「新たな挑戦」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年8月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2096207/full/ 2017年8月30日閲覧。 
  30. ^ 玉木宏×常盤貴子×木村多江、松本清張作品に出演!「鬼畜」”. cinemacafe.net. カフェグルーヴ (2017年12月3日). 2018年6月17日閲覧。
  31. ^ 木村多江 (2018年5月20日). 【TVクリップ】「あなたには帰る家がある」木村多江. インタビュアー:兼松康. 産経ニュース.. https://www.sankei.com/premium/news/180520/prm1805200009-n1.html 2018年6月17日閲覧。 
  32. ^ 木村多江、妖艶なアクション披露!唐沢寿明主演『あまんじゃく』”. テレビドガッチ (2018年8月16日). 2018年9月30日閲覧。
  33. ^ “尾鷲舞台に描く40代女性の青春 TBSドラマ「それでも恋する」”. 東京中日スポーツ. (2018年9月5日). オリジナルの2018年9月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180911081714/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2018090502000183.html 2018年9月11日閲覧。 
  34. ^ 木村佳乃、木村多江と「ビンタから取っ組み合い」バトル勃発 “キーパーソン”葉山奨之も登場〈後妻業〉”. モデルプレス. ネットネイティブ (2019年2月12日). 2019年5月18日閲覧。
  35. ^ “木村多江:“怪演キャラ”に本人も自覚あり?「あなたの番です」Pが語る鳥肌ものの衝撃”. MANTANWEB. (2019年6月17日). https://mantan-web.jp/article/20190616dog00m200022000c.html 2019年8月11日閲覧。 
  36. ^ 「凍りの掌」が題材のドラマ、おざわゆき役は木村多江!小野賢章も声で出演”. コミックナタリー. ナターシャ (2019年6月19日). 2019年8月11日閲覧。
  37. ^ 連続ドラマW 彼らを見ればわかること・相関図”. WOWOW. 2020年3月15日閲覧。
  38. ^ “木村多江と桜田ひよりが唐沢寿明の家族に、ドラマ「24 JAPAN」追加キャスト発表”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年6月24日). https://natalie.mu/eiga/news/384600 2020年6月24日閲覧。 
  39. ^ 木村多江&安藤玉恵、驚きの再現度! 『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』今夜スタート”. クランクイン!. ブロードメディア (2021年11月8日). 2021年11月23日閲覧。
  40. ^ 木村多江 (2007年). だれかを好きになったなら…. (インタビュー). ENAK(産経新聞).. http://www.sankei.co.jp/enak/2007/longinterview/aug/kiji/01kimura03.html 2017年12月1日閲覧。 
  41. ^ バースデーカード” (2016年5月1日). 2016年5月1日閲覧。
  42. ^ 木村多江、映画『金メダル男』ヒロイン役 内村光良「ゴールデンコンビ目指す」”. ORICON STYLE (2015年11月13日). 2015年11月13日閲覧。
  43. ^ “「ねこあつめの家」特報解禁、追加キャストに田口トモロヲ、木村多江、大久保佳代子”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年1月12日). http://natalie.mu/eiga/news/216537 2017年1月12日閲覧。 
  44. ^ 吉高由里子主演の映画『ユリゴコロ』に松坂桃李、松山ケンイチ、清野菜名ら”. CINRA.NET (2017年4月10日). 2017年12月1日閲覧。
  45. ^ “菅田将暉×ヤン・イクチュンW主演「あゝ、荒野」にユースケ・サンタマリアら8名出演”. 映画ナタリー. (2016年9月27日). http://natalie.mu/eiga/news/203138 2016年9月27日閲覧。 
  46. ^ 映画『おもてなし』公式サイト
  47. ^ “広瀬すず主演『一度死んでみた』 佐藤健、池田エライザ、西野七瀬ら追加キャスト23人発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年12月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2150011/full/ 2019年12月2日閲覧。 
  48. ^ 【バイプレイヤーズ百名鑑】木村多江「木村多江役、難しい〜っ!」”. クランクイン!. ブロードメディア (2021年4月17日). 2021年11月23日閲覧。
  49. ^ リリー・フランキー主演、木村多江&錦戸亮と家族演じる日英合作映画『Cottontail』公開”. cinemacafe.net. イード (2021年4月1日). 2021年11月23日閲覧。
  50. ^ “生”のかたち 〜難病患者たちのメッセージ〜”. NHK (2007年2月24日). 2021年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月8日閲覧。
  51. ^ 木村多江×佐藤則武”. NHK. 2021年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月9日閲覧。
  52. ^ “木村多江、ネタ番組で特別MC 「意外と毒を吐く」とサンドウィッチマンもびっくり”. ORICON NEWS (ORICON). (2020年11月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2175956/full/ 2020年11月6日閲覧。 
  53. ^ 松本人志、CMで“バカまじめ”な郵便局員熱演「ドッキリじゃないかと」”. ORICON NEWS. オリコン (2014年8月26日). 2017年12月1日閲覧。
  54. ^ 女優 木村 多江さん熱演! 使命感に燃える、電子書籍の革命児が熱いメッセージを届ける! キッカケつくる電子コミック「まんが王国」のTV-CMが12月28日放送開始”. CM JAPAN (2015年12月25日). 2015年12月25日閲覧。
  55. ^ “HOYA の遠近両用メガネレンズ「HOYALUX(ホヤラックス)」のイメージモデルに、女優・木村多江さんを起用!” (PDF) (プレスリリース), HOYA, (2015年12月16日), https://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M103556/201512166505/_prw_PR1fl_Gshoy1Ea.pdf 2017年12月1日閲覧。 
  56. ^ “木村多江:ファミチキ先輩と妖艶で官能的なタンゴ披露 「彼の体にフィットして踊るというのは…」”. MANTANWEB (毎日新聞社). (2019年3月1日). https://mantan-web.jp/article/20190228dog00m200061000c.html 2019年3月7日閲覧。 
  57. ^ 吉沢亮、木村多江、リリー・フランキーがアフラック新CMに登場!”. インタネットTVガイド. 東京ニュース通信社 (2019年1月29日). 2019年3月24日閲覧。
  58. ^ “「森永アロエヨーグルト アロエの力」発売、業界初“肌の保湿力を高め、水分量を増やす”機能性表示、CM「衝撃のアロエ」篇に木村多江さん”. 食品産業新聞社. (2019年10月8日). https://www.ssnp.co.jp/news/milk/2019/10/2019-1008-1033-14.html 2019年10月9日閲覧。 
  59. ^ 寺田心と木村多江が迫真の演技バトル!リアル涙の寺田に「子どもとしては見られない」”. フジテレビュー!!. フジテレビ (2020年11月11日). 2020年11月23日閲覧。
  60. ^ 木村多江が初の一人芝居に挑む『エンドロール』、恋と仕事に悩むOL役に”. CINRA.NET (2015年5月21日). 2015年11月15日閲覧。
  61. ^ 岡田将生「自信を持って作品を届けられる」 舞台『ブラッケン・ムーア〜荒地の亡霊〜』初日前会見&ゲネプロレポート”. SPICE. イープラス (2019年8月2日). 2019年8月11日閲覧。
  62. ^ 常盤貴子・木村多江・貫地谷しほり・上白石萌音の小説朗読を人気音楽家の演奏とともに楽しむ4夜連続音楽会”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2019年8月10日). 2019年10月9日閲覧。
  63. ^ 第33回日本アカデミー賞優秀賞発表!『ヴィヨンの妻』『沈まぬ太陽』『ゼロの焦点』など”. シネマトゥデイ (2009年12月22日). 2017年12月1日閲覧。
  64. ^ “木村多江:来年は“薄幸”女優を返上へ「ハッピーな笑いを提供できる役を」”. MANTANWEB. (2017年11月24日). https://mantan-web.jp/article/20171124dog00m200018000c.html 2017年12月1日閲覧。 
  65. ^ 【18年4月期ドラマ賞】“薄幸女優”木村多江、「あな家」のホラーな主婦役で新境地”. ORICON NEWS. オリコン (2018年7月27日). 2018年8月1日閲覧。
  66. ^ 山本美月・榮倉奈々・木村多江が“美脚大賞”受賞 休養中の高橋ひかるも”. モデルプレス. ネットネイティブ (2019年10月28日). 2020年3月27日閲覧。

外部リンク