メインメニューを開く

希望のかなた』(Toivon tuolla puolen)は、アキ・カウリスマキ監督・製作・脚本による2017年のフィンランドのコメディ・ドラマ映画である。第67回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門で上映された[3]

希望のかなた
Toivon tuolla puolen
監督 アキ・カウリスマキ
脚本 アキ・カウリスマキ
製作 アキ・カウリスマキ
出演者
撮影 ティモ・サルミネン英語版
編集 サム・ヘイッキラ英語版
製作会社 スプートニク
ブフォ英語版
パンドラ・フィルム英語版
配給 フィンランドの旗 B-Plan
日本の旗 ユーロスペース
公開 フィンランドの旗 2017年2月3日
日本の旗 2017年12月2日
上映時間 98分[1]
製作国  フィンランド
ドイツの旗 ドイツ
言語 フィンランド語
英語
アラビア語
製作費 €1,600,000
配給収入 $3,289,611[2]
テンプレートを表示

物語編集

ヘルシンキトルコからやってきた貨物船に身を隠していたカーリドは、この街に降り立ち難民申請をする。彼はシリアの故郷アレッポで家族を失い、たったひとり生き残った妹ミリアムと生き別れになっていたのだ。彼女をフィンランドに呼び、慎ましいながら幸福な暮らしを送らせることがカーリドの願いだった。

一方、この街でセールスマン稼業と酒浸りの妻に嫌気がさしていた男、ヴィクストロムはついに家出し、全てを売り払った金をギャンブルにつぎ込んで運良く大金を手にした。彼はその金で一軒のレストランを買い、新しい人生の糧としようとする。店と一緒についてきた従業員たちは無愛想でやる気のない連中だったが、ヴィクストロムにはそれなりにいい職場を築けるように思えた。

その頃カーリドは、申請空しく入国管理局から強制送還されそうになり、逃走を目論んだあげく出くわしたネオナチの男たちに襲われるが、偶然ヴィクストロムに救われる。拳を交えながらも彼らは友情を育み、カーリドはレストランの従業員に雇われたばかりか、寝床や身分証までもヴィクストロムに与えられた。商売繁盛を狙い手を出した寿司屋事業には失敗するものの、いつしか先輩従業員たちまでもカーリドと深い絆で結ばれていった。

そんなある日、カーリドは難民仲間からミリアムの居場所を知らされる。ヴィクストロムらの協力で彼は妹と再会、目的を果たすに至る。だが、安心しきった彼をいつぞやのネオナチの一員が襲う。刃物で深い傷を負いながらも、カーリドは妹を笑顔で送り出すのだった。

キャスト編集

 
ベルリン国際映画祭でのハジ、カウリスマキ、クオスマネン

公開編集

2016年12月、第67回ベルリン国際映画祭コンペティション部門での上映予定が発表された。フィンランドでは2017年2月上旬に上映された[4]。イギリスでの配給権はカーゾン・アーティフィシャル・アイ英語版が獲得し[5]、5月に公開された。2017年3月、カウリスマキの前作『ル・アーヴルの靴みがき』と同じくヤヌス・フィルムズ英語版が米国での配給権を獲得し[6]、12月1日に封切られた[7]

評価編集

批評家には概ね好評であり、Rotten Tomatoesでは55件のレビューで支持率は89%、平均点は8/10となっている[8]Metacriticでは11件のレビューで加重平均値は85/100となっている[9]

受賞とノミネート編集

授賞式 部門 候補 結果 参照
ベルリン国際映画祭 2017年2月18日 銀熊賞 (監督賞) アキ・カウリスマキ 受賞 [10]
金熊賞 アキ・カウリスマキ ノミネート
アウディ・ダブリン国際映画祭英語版 2017年2月26日 男優賞 シェルワン・ハジ英語版 受賞 [11]

参考文献編集

  1. ^ The Other Side of Hope - Curzon Artificial Eye”. Curzon Artificial Eye. Curzon Film World. 2017年1月4日閲覧。
  2. ^ The Other Side of Hope”. Box Office Mojo. IMDb.com, Inc. (2017年3月19日). 2017年7月5日閲覧。
  3. ^ Aki Kaurismäki, Oren Moverman, Agnieszka Holland, Andres Veiel, and Sally Potter – First Films for the Competition of the Berlinale 2017”. Berlinale (2016年12月15日). 2016年12月15日閲覧。
  4. ^ First Look: Aki Kaurismaki’s ‘The Other Side Of Hope’” (2016年12月8日). 2016年12月15日閲覧。
  5. ^ The Other Side of Hope - Curzon Artificial Eye”. 2017年1月4日閲覧。
  6. ^ Pham, Annika (2017年3月20日). “Aki Kaurismäki’s Hope spreads to the US”. Nordisk Film & TV Fond (Modulo AS). http://www.nordiskfilmogtvfond.com/news/stories/aki-kaurismaekis-hope-spreads-to-the-us 2017年3月27日閲覧。 
  7. ^ Vestrheim, Emma (2017年8月17日). “Aki Kaurismäki's THE OTHER SIDE OF HOPE to screen at Toronto”. Cinema Scandinavia (Cinema Scandinavia). https://www.cinemascandinavia.com/aki-kaurismakis-the-other-side-of-hope-to-screen-at-toronto/ 2017年11月16日閲覧。 
  8. ^ The Other Side of Hope (Toivon tuolla puolen) (2017)”. Rotten Tomatoes. Fandango. 2017年11月16日閲覧。
  9. ^ The Other Side of Hope Reviews”. Metacritic. CBS Interactive Inc.. 2017年11月2日閲覧。
  10. ^ Prizes of the International Jury”. Berlinale (2017年2月18日). 2017年12月8日閲覧。
  11. ^ Clarke, Donald (2016年2月26日). “The DFCC Awards at the Audi Dublin International Film Festival”. The Irish Times (The Irish Times). http://www.irishtimes.com/blogs/screenwriter/2017/02/26/the-dfcc-awards-at-the-audi-dublin-international-film-festival/ 2017年3月27日閲覧。 

外部リンク編集