銀熊賞 (監督賞)

ベルリン国際映画祭における監督賞 (Silberner Berliner Bär, Beste Regie) は、同映画祭の銀熊賞 (Silberner Bär) 部門の一つであり、1956年から授与されている。

これまでにマリオ・モニチェリが3度、サタジット・レイカルロス・サウラリチャード・リンクレイターがそれぞれ2度受賞している。

受賞者編集

開催年 受賞者 題名
原題
製作国
1956 ロバート・アルドリッチ 枯葉
Autumn Leaves
  アメリカ合衆国
1957 マリオ・モニチェリ 父と息子たち
Padri e figli
  イタリア  フランス
1958 今井正 純愛物語   日本
1959 黒澤明 隠し砦の三悪人   日本
1960 ジャン=リュック・ゴダール 勝手にしやがれ
À bout de souffle
  フランス
1961 ベルンハルト・ヴィッキ The Miracle of Father Malachia
Das Wunder des Malachias
  西ドイツ
1962 フランチェスコ・ロージ シシリーの黒い霧
Salvatore Giuliano
  イタリア
1963 ニコス・コンドゥロス 春のめざめ
Μικρές Αφροδίτες (Young Aphrodites)
  ギリシャ
1964 サタジット・レイ 大都会
Mahanagar
  インド
1965 サタジット・レイ チャルラータ
Charulata
  インド
1966 カルロス・サウラ 狩り
La caza
  スペイン
1967 ジヴォジン・パウロヴィッチ Budjenje pacova   ユーゴスラビア
1968 カルロス・サウラ ペパーミント・フラッペ
Peppermint Frappé
  スペイン
1969-71 なし
1972 ジャン=ピエール・ブラン La Vieille fille   フランス  イタリア
1973-74 なし
1975 セルゲイ・ソロヴィヨフ 想い出の夏休み
Sto dney posle detstva
  ソビエト連邦
1976 マリオ・モニチェリ 親愛なるミケーレ
Caro Michele
  イタリア
1977 マヌエル・グティエレス・アラゴン Camada negra   スペイン
1978 ゲオルギ・ジュルゲロフ Avantage   ブルガリア
1979 アストリズ・ヘニング=イエンセン 冬生まれの子ら
Vinterbørn
  デンマーク
1980 イシュトヴァン・サボー コンフィデンス/信頼
Bizalom
  ハンガリー
1981 マルクス・インホフ Das Boot ist voll   スイス  西ドイツ  オーストリア
1982 マリオ・モニチェリ Il Marchese del Grillo   イタリア
1983 エリック・ロメール 海辺のポーリーヌ
Pauline à la plage
  フランス
1984 エットーレ・スコラ ル・バル
Le Bal
  イタリア
1985 ロバート・ベントン プレイス・イン・ザ・ハート
Places in the Heart
  アメリカ合衆国
1986 ゲオルギー・シェンゲラーヤ 若き作曲家の旅
Akhalgazrda kompozitoris mogzauroba
  ソビエト連邦
1987 オリヴァー・ストーン プラトーン
Platoon
  アメリカ合衆国
1988 ノーマン・ジュイソン 月の輝く夜に
Moonstruck
  アメリカ合衆国
1989 ドゥシャン・ハナック Ja milujem, ty milujes   チェコスロバキア
1990 ミヒャエル・フェアヘーフェン ナスティ・ガール
Das schreckliche Mädchen
  西ドイツ
1991 ジョナサン・デミ 羊たちの沈黙
The Silence of the Lambs
  アメリカ合衆国
リッキー・トニャッツィ Ultrá   イタリア
1992 ヤン・トロエル Il Capitano   スウェーデン  フィンランド  ドイツ
1993 アンドリュー・バーキン ルナティック・ラブ/禁断の姉弟
The Cement Garden
  フランス  ドイツ  イギリス
1994 クシシュトフ・キェシロフスキ トリコロール/白の愛
Trzy kolory: Bialy
  フランス  ポーランド  スイス
1995 リチャード・リンクレイター 恋人までの距離
Before Sunrise
  アメリカ合衆国
1996 イム・ホー 太陽に暴かれて
太陽有耳
  イギリス領香港
リチャード・ロンクレイン リチャード三世
Richard III
  イギリス  アメリカ合衆国
1997 エリック・ホイマン ポート・ドジェマ
Port Djema
  フランス  イタリア  ギリシャ
1998 ニール・ジョーダン ブッチャー・ボーイ
The Butcher Boy
  アイルランド  アメリカ合衆国
1999 スティーヴン・フリアーズ ハイロー・カントリー
The Hi-Lo Country
  アメリカ合衆国  イギリス  ドイツ
2000 ミロス・フォアマン マン・オン・ザ・ムーン
Man on the Moon
  イギリス  ドイツ  日本  アメリカ合衆国
2001 リン・チェンシン Ai ni ai wo
愛你愛我
  台湾  フランス
2002 オタール・イオセリアーニ 月曜日に乾杯!
Lundi matin
  フランス  イタリア
2003 パトリス・シェロー ソン・フレール -兄との約束-
Son frère
  フランス
2004 キム・ギドク サマリア
사마리아
  韓国
2005 マルク・ローテムンド 白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々
Sophie Scholl - Die letzten Tage
  ドイツ
2006 マイケル・ウィンターボトム
マット・ホワイトクロス
グアンタナモ、僕達が見た真実
The Road to Guantanamo
  イギリス
2007 ヨセフ・シダー ボーフォート レバノンからの撤退
Beaufort
  イスラエル
2008 ポール・トーマス・アンダーソン ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
There Will Be Blood
  アメリカ合衆国
2009 アスガル・ファルハーディー 彼女が消えた浜辺
درباره الی
  イラン
2010 ロマン・ポランスキー ゴーストライター
The Ghost Writer
  イギリス  フランス  ドイツ
2011 ウルリッヒ・コーラー スリーピング・シックネス
Schlafkrankheit
  ドイツ  フランス  オランダ
2012 クリスティアン・ペツォールト 東ベルリンから来た女
Barbara
  ドイツ
2013 デヴィッド・ゴードン・グリーン セルフィッシュ・サマー
Prince Avalanche
  アメリカ合衆国
2014 リチャード・リンクレイター 6才のボクが、大人になるまで。
Boyhood
  アメリカ合衆国
2015 ラドゥ・ジュデ
Aferim
  ルーマニア  ブルガリア  チェコ
マルゴスカ・シュモウスカ 君はひとりじゃない
Body
  ポーランド
2016 ミア・ハンセン=ラヴ 未来よ こんにちは[1]
Things to Come
  フランス  ドイツ

関連項目編集

脚注編集