メインメニューを開く

帯刀舎人(たちはきのとねり)は律令制で定められた武官。春宮坊舎人監に監察される雑務職員である東宮舎人から選ばれ、武器を帯びて警護の任務に当たった下級官人を指す。要するに皇太子護衛者である。略して帯刀(たちはき)とも言う。遅くとも12世紀末までには、俗に「たてわき」とも訓まれた(『色葉字類抄』)。

概要編集

奈良時代末の宝亀7年(776年)に、皇太子山部親王(後の桓武天皇)のために10人が置かれたのがその始まりである。その後、大同元年(806年)5月27日に10人、さらに天安元年(857年)5月8日に10人が追加され、計30人になった(『享禄本類聚三代格[1])。

蔭子孫(おんしそん、皇親・五世王の子か孫・貴族(五位以上の人物)の子か孫)もしくは位子(いし、六位から内八位までの下級官人の嫡子)らのうち、帯刀試(たちはきのこころみ)という武芸試験を合格したものが採用された[2]。武芸の腕前は弓術によって評価され、試験には騎射(うまゆみ)と歩射(かちゆみ)があった[3]。採用後、騎射(弓騎兵部隊)と、歩射(弓歩兵部隊)の二部隊に分かれ、それぞれに上官である長(おさ)1人・部領(ことり)2人・副部領(わきことり)が存在したが、後には長が全体で1人となり、騎射・歩射の両方の帯刀を統括することが多かった。

本来は東宮舎人の一種であるから、形式的には春宮坊三監のひとつ舎人監(とねりげん)に監察されるはずだが、舎人監そのものは延喜年間(901–923年)以降に自然消滅した[4]。そのため、実質的には、皇太子(院政期には上皇)に直属する近衛兵である。帯刀舎人に対する禄(官人への給与)は、春夏・秋冬の年二回、春宮坊の予算から出た[2]

平安時代初期には、皇太子近衛の軍事力として目覚ましく活躍した[2]摂関期(10世紀後半から11世紀後半)になって、皇太子の権力が衰えると、帯刀もまた存在感を減らした[2]。しかし、院政期(11世紀後半から12世紀末)には、治天の君である上皇が在地武士に帯刀の身分を与えることで、院の戦力に組み込まれ、一時的に重要度が増した[2]。その後、朝廷の実力が衰退するにつれ、再び名誉職化した。戦国時代から江戸時代には、正式に帯刀舎人の官職を持たない者でも、通称として勝手に「帯刀(たてわき)」と名乗ることがしばしば行われた(百官名)。

かつては源氏平氏の重代の武士が任じられることが多かった(『職原抄』下[5])。たとえば、康和5年(1103年)10月21日には、河内源氏四代目棟梁の源義忠が帯刀長に任じられていて、歩射の試験を受ける人物のリストに入っている[3](なお、長であるはずの義忠が試験を当日欠席しているので、試験は有名無実化していたらしい)。

帯刀は雑務役にすぎない舎人の一種であるから、官位相当は特に無い。副官である部領(ことり)が、衛門府の尉(大尉:従六位下相当、少尉:正七位上)を兼ねた場合の別名を指定されているから、おおよそこのランクと同等と見なされたようである。しかし、皇室の側近であることからか、帯刀の官職を得た場合は、より位階が高い官職よりも通称として好まれる場合があった。たとえば、細川直俊民部少輔従五位下相当)でもあるが「細川帯刀先生」と呼ばれ、楠木正行は河内守(従五位上相当)でもあるが「楠木帯刀」と呼ばれている。

職員編集

長(おさ)
帯刀舎人の隊長。正式な官職名は帯刀長(たちはきのおさ)だが、帯刀先生(たちはきのせんじょう)あるいは単に先生(せんじょう)という別名も用いられる[2]。本来は定員2名だが、興国元年/暦応3年(1340年)の頃には1名のみが任じられることが多かった(北畠親房職原抄』下[5])。
部領(ことり)
(弓騎兵部隊の)副隊長。俗に「籠取」「木取」「小鳥」「木鳥」とも書く。定員は左と右の計2名。左衛門尉と兼ねた場合は左部領(左木鳥)、右衛門尉と兼ねた場合は右部領(右木鳥)と呼ばれた(『標註職原抄[5])。
歩射部領(かちことり)
弓歩兵部隊の副隊長。同じく左と右の2人がいた(『山槐記[6])。
副部領(わきことり)
(弓騎兵部隊の)副々隊長[2]。俗に「腋小鳥」「籠取腋」とも書く[2]。略して「副(わき)」(あるいは腋)とも呼ばれる(「腋」は「掖」とも書かれる)。
歩射副部領(かちわきことり)
弓歩兵部隊の副々隊長。略して「歩射副(かちわき)」(あるいは歩射腋)とも呼ばれる[7]
三番(みつがい)
騎射(弓騎兵)を務める平隊員[2]。「三結」とも書く[2]
連(つれ)
歩射(弓歩兵)を務める平隊員[2]。部領を含めて定数は20名(『職原抄』下[5])。

主な任官者一覧編集

平安時代

鎌倉時代

建武政権

南北朝時代

戦国時代

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集