メインメニューを開く

帯島(おびしま)は、青森県東津軽郡外ヶ浜町字三厩龍浜にある島で、竜飛崎の先端部に位置する。

帯島
帯島と龍飛漁港(2008年9月)
帯島と龍飛漁港(2008年9月)
所在地 日本青森県
所在海域 津軽海峡
座標 北緯41度15分43秒
東経140度20分42秒
座標: 北緯41度15分43秒 東経140度20分42秒
面積 0.03 km²
最高標高 37 m
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示

周辺編集

テレビ中継局編集

当地には竜飛帯島テレビ中継局が設置されている。ここでは竜飛ウィンドパーク付近に設置されている竜飛宇鉄中継局についても記述する。

アナログテレビ編集

放送局名 チャンネル 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数 放送開始日 放送終了日
竜飛帯島中継局
ATV青森テレビ 39ch 映像100mW
音声25mW
映像690mW
音声170mW
青森県 72世帯 1976年9月19日[1] 2011年7月24日
RAB青森放送 41ch
NHK青森総合テレビ 43ch 
NHK青森教育テレビ 45ch 全国
竜飛宇鉄中継局
ATV青森テレビ 38ch 映像100mW
音声25mW
映像930mW
音声230mW
青森県 246世帯 1976年9月19日[1] 2011年7月24日
RAB青森放送 40ch
NHK青森総合テレビ 42ch 映像870mW
音声220mW
NHK青森教育テレビ 44ch 映像930mW
音声230mW
全国
  • 放送区域内世帯数は平成10年の無線局再免許による数値で、NHK局カバー世帯数[2]
  • ABA青森朝日放送・AFBエフエム青森・NHK青森FMの中継局は置かれていないものの、津軽海峡に面するなど地理的環境から年間を通して在札局の函館送信所・中継局福島中継局の電波が良好に受信できた。
  • ATV竜飛宇鉄中継局は、ATVの中継局で唯一本局のチャンネルと同じだった。

デジタルテレビ編集

リモコンキーID 放送局名 物理チャンネル 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数 放送開始日
竜飛帯島中継局
1 RAB青森放送 34ch 50mW 280mW 青森県 約20世帯 2010年11月15日
2 NHK青森教育テレビ 22ch 全国
3 NHK青森総合テレビ 24ch 青森県
5 ABA青森朝日放送 36ch
6 ATV青森テレビ 26ch
竜飛宇鉄中継局
1 RAB青森放送 34ch 10mW 68mW 青森県 約30世帯 2010年12月20日
2 NHK青森教育テレビ 22ch 全国
3 NHK青森総合テレビ 24ch 青森県
5 ABA青森朝日放送 36ch
6 ATV青森テレビ 26ch
  • 竜飛帯島デジタル中継局は、2010年8月25日予備免許交付、10月13日から11月14日試験放送実施、11月11日に本免許交付、11月15日から本放送開始。
  • 竜飛宇鉄デジタル中継局は、2010年9月28日に予備免許交付、11月下旬から12月19日は試験放送実施、12月16日に本免許交付、12月20日から本放送開始。
  • 地上デジタル放送については、地形の関係で電波が現在のエリアに十分届かないため、北海道渡島半島南部に置局する計画が立ったが、実現に向けた動きは無い[3]。なお、2010年には、「平成22年度無線システム普及支援事業費等補助金事業」の活用により帯島・宇鉄両デジタルテレビ中継局が開局した為、事実上域外設置が頓挫した形となる。なお、2007年10月1日に開局した在札テレビ局の函館デジタル中継局は視聴可能である。
  • 竜飛帯島・竜飛宇鉄の両デジタル中継局は、ともに2010年冬に開局した。[4]アナログ中継局のない青森朝日放送はデジタル新局として開局した。また、アナログ中継局エリア内の場所によっては、2009年12月25日に先行してデジタル局が開局した今別中継局が受信できる場合がある。

脚注編集