帯江(おびえ)は、岡山県倉敷市倉敷地区にある地域である。かつての都窪郡帯江村(おびえそん)に相当する。

帯江
おびえ
日章旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 岡山県
自治体 倉敷市
旧自治体 帯江村
面積
6.6km²
世帯数
4,879世帯
総人口
12,165
住民基本台帳、2012年3月30日現在)
人口密度
1,843.18人/km²
テンプレートを表示

現在の帯江小学校区にあたる。

概要編集

倉敷市の倉敷地区東部に位置する。羽島(はしま)、二日市(ふつかいち)、加須山(かすやま)、亀山(かめやま)、帯高(おびたか)、有城(あるき)、倉敷ハイツ(くらしきハイツ)からなる。北西から南東に細長いエリアである。

倉敷地区の中央に座する南北に長い丘陵地帯(加須山山塊)の東側およびその麓の平地にあたる。西部に豊洲茶屋町、南部に藤戸粒江新田、北部に中庄万寿、西部は倉敷中心市街地と接する。[1]

古くは周囲は吉備の穴海と呼ばれる海域で、加須山丘陵は島嶼であった。麓の平地は、干拓による新田地帯であった。[1]

『帯江村史』には、天正13年、当時の岡山城主宇喜多秀家がいわゆる「宇喜多堤」築造による干拓を行い、新田を開墾したとされる。江戸時代にはこれに続く帯江新田(寛永4年)・早島新田(宝永4年)[2]などが造成された。[1]

元々は、江戸時代に現在の二日市が帯江村と呼ばれていたが、古くは帯江は現在の中庄~帯江~豊洲一帯が海域だった頃の海峡地帯の名称であった。それを由来に村名を付けたとされる。その後、寛永5年に戸川氏が帯江村に陣屋を構えて帯江知行所を名乗る。元禄期に帯江村が二日市村に改称。明治22年に、窪屋郡羽島・二日市・加須山・亀山・高沼(旧早島知行所領を除く)・有城の6村が合併し、同郡帯高村(帯江と高沼の頭文字の合成)となり、同22年6月1日の町村制施行時に、地域内のいずれもが江戸時代に帯江知行所戸川氏の所領であったので帯江村に改称する。昭和26年に倉敷市(旧)に編入合併した。[3][1]

元々は、水田を中心とした農村地帯であり、コメの他にムギやイグサを主産物とし、イグサを加工した畳表や花筵を生産したが、第二次世界大戦後に国道2号線岡山バイパスが当地中部を通過すると、国道など幹線道路沿いを中心に商店・企業が進出、また中心市街地に近いことから農地は次々と宅地に代わり、丘陵上などには団地が造成され人口は急増、現在は完全に都市化している。[1][3]

寿永3年の藤戸の戦いのとき、源氏方は当時は島だった当地の加須山丘陵や高坪山(有城)と陣地とした。また、佐々木盛綱が藤戸海峡を馬で渡ったことに関連する佐々木谷乗出し岩などの史跡がある。[3]

地域編集

羽島編集

帯江域内の最北端に位置し、倉敷中心市街地のすぐ東側にあたる。羽島山と呼ばれる丘を中心とし、加須山丘陵北東側に至る地区で、かつてはこの辺りは海域であり、羽島山はその名のとおり羽島という島嶼であった。加須山丘陵の北の麓には、縄文時代の貝塚が発見されており(羽島貝塚)、かなり古くからこの島に人が居住していた。[3]

その後、前述の天正期の宇喜多氏による干拓により陸地化したとされる。

江戸時代には都宇郡帯江村の内となっていたが、正保年間に帯江村が窪屋郡へ移管され、さらに元禄期の検地の時に窪屋郡羽島村(石高393石余り)として独立した。江戸時代は一貫して戸川氏帯江知行所の領地として明治に至った。[3]

明治になると周辺5村と合併し帯高村、帯江村を経て、昭和26年に倉敷市(旧)に編入合併した。市街地に隣接した地区であることから宅地化が著しく、丘の上には羽島台団地、加須山丘陵側には羽島ヶ丘団地などが造成されている。また北部には岡山県立青陵高等学校も立地、当地区北側の大島地区などは官公庁が多く、当地北部の一部にも保健所や県の出先機関が立地している。[3][1]

岡山県道22号線・74号線や大型市道が小町トンネルを通過して造成されるなど道路交通網が充実しており、道路沿いを中心に商店や企業の進出も著しく、交通量・人口も急増、現在も増加している。[1]

二日市編集

帯江エリア中北部に位置し、加須山丘陵の一部とその麓の平地からなる。平地部の大半は近世はじめの開田地帯であるが、丘陵の麓あたりは古くからの集落であり、中世には毎月二の日に市を開く三斎市場として栄えた。現在の地名はこれに由来する。[3]

元々は当地は都宇郡(正保年間に窪屋郡に移管)帯江村と名乗っており、寛永5年に戸川安利が帯江に陣屋を構えて以来、帯江知行所の所領として明治まで続いた。元禄期の検地では、現在の二日市村に改称されており、石高401石ほどの記録がある。[3]

国道2号線バイパスに近接し倉敷市街地に近いことから、帯江の他地区同様に岡山県道74号線沿線を中心に宅地化・市街化が著しい。また、史跡として帯江陣屋跡や、駕竜寺の松、大蔵神社の黒松などがある。[3]

加須山編集

帯江エリアの中央部に位置する。加須山丘陵の南端部とその東麓の平地からなる。エリア内の他地域同様、平地部の大半はかつては吉備の穴海であり、干拓により陸地化、新田地帯となった。[3]

近世初頭にはこの付近の海域は葦原や干潟が広がり、現在の加須山丘陵とその南の高坪山(72.6メートル、現在の有城)の海峡である小瀬戸は、歩いて渡れるほどであったといわれる。元和4年、この地方を領有していた庭瀬藩主の戸川達安が帯江村(二日市)の庄屋であった庄左衛門・伝右衛門ら兄弟3人に干拓を指示。5町6反余りの新田を造成した。さらに中新田(当新田)、小瀬戸新田と干拓が続いたので最初の新田は古新田と呼ばれるようになった。寛永17年に小瀬戸新田が完成すると、当時汐入川となっていた現在の倉敷川の流路も定まってきたとされる。 慶安3年に検地が行われ、丘陵南端周辺と開墾された新田を合わせて二日市村(帯江村)から独立し、都宇郡(正保年間に窪屋郡に移管)賀洲山村となり、帯江知行所の領地となった。村名は、加須山丘陵が周囲が海域の頃は賀洲(かしま)と呼ばれていたが、陸地化したので賀洲山(かしまやま、かすやま)と呼ばれるようになり、その丘陵の南端に位置することから丘陵の名から村名をとった。後に現在と同じ加須山の表記に変わる。幕末頃の加須山村の石高はおよそ457石。[3][1]

明治期に周辺と合併し帯高村(のち帯江村)が成立したとき、当地に役場が設置された。現在も帯江小学校などがあり、帯江地域の中心的な地区となっている。

昭和期に当地を国道2号岡山バイパスが通過することになり、また倉敷市街と茶屋町とを結ぶ岡山県道74号線が国道2号と交差、交通の要衝となった。

倉敷ハイツ編集

さらに丘陵上に大規模な住宅団地倉敷ハイツが造成され、新たに大字「倉敷ハイツ」が分離した。そのため宅地化や企業・商店の出店が著しい。[3]

亀山編集

帯江エリアの中東部に位置し、上記加須山の東部にあたる。北は豊洲、東は茶屋町、南は藤戸に隣接している。

承応元年に葦原を開墾してできた新田地帯で、開墾当時は二日市村(帯江村)の一部であった。しかし天和2年に分立し、都宇郡(正保年間に窪屋郡に移管)亀山村となる。開墾から明治まで帯江知行所戸川氏の所領であり、慶応4年の記録によれば、田39町6反7保1歩、畠4町3反7畝5歩、総石高552石5斗6升。[3]

現在は岡山県道74号線沿線をはじめ商店・企業が多く立地。宅地化も進んでいる。

帯高編集

帯江エリアの南東部に位置し、エリア内で唯一六間川東岸にある地域である。帯域同様、かつては海域であった。

江戸時代の寛文3年に葦原を開墾して新田地帯とした。帯江知行所領 14町歩と早島知行所16町歩の相給の地となる。そのご元禄15年まで3回に渡り開墾が続いた。その途中の正徳3年に都宇郡高沼新田村(のちの高沼村)として立村する。寛政年間の石高は帯江領が602石5と余り、早島領が249石余りであった。[3]

明治5年に高沼村のうち旧帯江領だった区域[4]と加須山村他5村が合併し、帯高村となり、さらに同22年6月1日の村制施行時に帯江村に改称、同時に旧高沼を大字帯高に改称した。[3]

加須山や亀山同様、現在は岡山県道74号線沿線をはじめ商店・企業が多く立地。帯高ハイツなどの団地も造成され宅地化も進んでいる。また東部は茶屋町駅に近いことから茶屋町から続く駅前町の一部の様相も呈している。そのため現在、東部の一部[5]が東隣の茶屋町学区となっている。

有城編集

帯江エリア南部に位置し、倉敷川の東岸にあたる。高坪山(標高72.6メートル)と呼ばれる丘陵の周辺一帯である。古くは「有木」とも表記された。

高坪山はかつては島嶼であり、北側の加須山との間は小瀬戸と呼ばれる海峡となっていた。近世初頭には小瀬戸が浅くなり徒歩で往来が出来たことから「歩き」となり、それが転訛して「あるき」となったことが地名の由来とする俗説があるが、詳細は不明である。なお、現在も小瀬戸は小字として現存している。

江戸時代初期には帯江村(二日市村)の一部で、寛永5年に戸川氏が帯江知行所を置くとその所領となり、寛永8年に窪屋郡有木村として独立。その後万治年間までに村の周囲を開墾し新田を増やした。元禄期の地図には有城村と表記される。幕末には有城村内に現在新田となっている上灘集落を含み、218石8斗1升の石高であった。

なお、高坪山は加須山とともに寿永3年12月の源平藤戸合戦のときに源範頼率いる源氏軍の陣地となった古戦場である。佐々木盛綱にゆかりのある佐々木谷や一枚畑、乗出し岩などの史跡が現在も点在している。

現在、高坪山には山陽ハイツ倉敷市立多津美中学校岡山学院大学岡山短期大学などが立地する他、団地が造成さえ宅地化も進展している。また、岡山県道22号線が縦貫し、周辺は商店・企業などが立地する。

地理的な理由から藤戸・天城地区との繋がりも強い。

人口・世帯数編集

平成24年9月末現在[6]

帯江地区の人口・世帯数
町字 世帯数 男性人口 女性人口 総人口 備考
羽島 1273 1321 1512 2833
二日市 531 656 688 1344
加須山 791 1026 1083 2109
倉敷ハイツ 304 336 341 677
有城 590 721 760 1481
亀山 767 955 989 1944
帯高 701 918 984 1902
合計 4957 5933 6357 12290

郵便番号編集

  • 二日市 - 710-0042
  • 加須山 - 710-0026
  • 羽島 - 710-0043
  • 亀山 - 710-0024
  • 有城 - 710-0031
  • 帯高 - 710-0023
  • 倉敷ハイツ - 710-0025

学区編集

小学校区

羽島の一部と帯高の一部[5]を除く全域が倉敷市立帯江小学校区、残る羽島の一部は倉敷市立倉敷東小学校区、帯高の一部は倉敷市立茶屋町小学校区。

中学校区

帯高の一部[5]を除く全域が倉敷市立多津美中学校区、残る羽島の一部は倉敷市立東中学校区、帯高の一部は倉敷市立東陽中学校区となる。

沿革編集

おびえそん
帯江村
廃止日 1951年3月28日
廃止理由 編入合併
倉敷市、菅生村中庄村帯江村倉敷市
現在の自治体 倉敷市
廃止時点のデータ
  日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 岡山県
都窪郡
総人口 4,126
国勢調査1950年
隣接自治体 倉敷市
都窪郡茶屋町豊洲村
児島郡藤戸町
帯江村役場
所在地 岡山県都窪郡帯江村大字加須山
 表示 ウィキプロジェクト
  • 1889年明治22年)6月1日 - 町村制の施行により、窪屋郡羽島村・二日市村・加須山村・亀山村・帯高村・有城村の区域をもって帯江村が発足。
  • 1900年(明治33年)4月1日 - 帯江村の所属郡が都窪郡に変更。
  • 1951年昭和26年)3月28日 - 帯江村が倉敷市(旧)に編入。
  • 1951年(昭和26年)4月1日 - 岡山女子短期大学(現・岡山短期大学)が開学。
  • 1967年(昭和42年)2月1日 - 倉敷市(旧)・玉島市・児島市が合併して倉敷市(新)が新設。
  • 1970年(昭和45年)7月 - 山陽ハイツが開業する。
  • 1971年(昭和46年)4月 - 国道2号線岡山バイパス(当地内)が暫定2車線で開通。
  • 1988年(昭和63年)4月10日 - 瀬戸中央自動車道が開通。
  • 2002年平成14年)4月1日 - 岡山学院大学が開学。
  • 2003年(平成15年)3月10日 - 国道2号線岡山バイパス(当地内)の6車線化が完成。

地勢編集

山岳
河川

主要産業・特産物編集

主要施設編集

教育・保育施設
行政施設
  • 備中県民局 – 羽島
  • 倉敷保健所 – 羽島
  • 多津美公民館 – 加須山
  • 帯高公民館 – 帯高
  • 倉敷警察署帯江駐在所 – 加須山
郵便局
  • 羽島郵便局 – 羽島
  • 亀山郵便局 – 亀山
  • 有城郵便局 – 有城
金融機関
  • 水島信用金庫羽島支店 – 羽島
医療・福祉機関
  • 帯江脳外科 – 加須山
  • ケアハウス倉敷 – 亀山
  • 佐藤クリニック皮膚科 – 帯高
企業・商店
神社仏閣、その他宗教施設
娯楽施設

名所・旧跡編集

  • 羽島貝塚 - 羽島
  • 帯江陣屋跡 - 二日市
  • 大蔵神社の黒松 - 二日市
  • 駕竜寺の末 - 二日市
  • 佐々木谷 - 有城
  • 一枚畑 - 有城
  • 乗出し岩 - 有城

交通編集

一般道路
自動車専用道路

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 岡山県大百科事典編集委員会編集『岡山県大百科事典』(1979年)山陽新聞社
  2. ^ 両者とも現在の茶屋町地区。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 巌津政右衛門 『岡山地名事典』(1974年)日本文教出版社
  4. ^ 旧早島領だった区域は、早高として豊洲村となる。
  5. ^ a b c 県道74号線から北側で帯高三丁割と早高の東西の境界線に沿う市道を県道倉敷飽浦線に延長した以東の地区
  6. ^ 人口月報|倉敷市

参考文献編集

  • 『日本地名大辞典』
  • 巌津政右衛門『岡山地名事典』(1974年)日本文教出版社
  • 岡山県大百科事典編集委員会『岡山地名事典』(1979年)山陽新聞社
  • 渡辺光中野尊正山口恵一郎式正英『日本地名大辞典2 中国・四国』(1968年)朝倉書店
  • 下中直也『日本地名大系第三四巻 岡山県の地名』(1988年)平凡社
  • 黒田茂夫『県別マップル33 岡山県広域・詳細道路地図』(2010年)昭文社

参考サイト編集

関連項目編集