メインメニューを開く

常田佐久

日本の天文学者、国立天文台所長

常田佐久(つねた さく、1954年7月14日 - )は日本の天文学者人工衛星観測ロケット気球などの飛翔体を使った天文学、特に太陽の研究を専門とする。東京都文京区出身。

常田 佐久
(つねた さく)
生誕 (1954-07-14) 1954年7月14日(65歳)[1]
東京都文京区
研究分野 太陽物理学
研究機関 東京大学
国立天文台
宇宙航空研究開発機構
宇宙科学研究所
主な業績 飛翔体による太陽の研究
主な受賞歴 井上学術賞
日本学士院賞(2019)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

略歴編集

1978年3月に東京大学理学部天文学科を卒業、1980年に東京大学大学院理学系研究科天文学専門課程修士課程を修了、1983年に同理学系研究科天文学専門課程博士課程を修了し理学博士となる[1]。その後日本学術振興会研究員を経て、1986年に東京大学東京天文台助手、1988年からは東京大学理学部で助手、1992年には助教授となる[1]。1996年に国立天文台の太陽物理研究系に教授として迎えられ、以降2012年まで太陽物理学関係の研究を続ける[1]2013年より宇宙航空研究開発機構の理事を務め、さらに2013年から2018年まで宇宙科学研究所の所長を歴任した[1]。2018年4月1日より、国立天文台の第6代所長を務める[2]

大学院在学時の1981年に打ち上げられた日本初の太陽観測衛星「ひのとり」の計画に参画、小田稔を中心とした日本X線天文学の先駆者達の指導を受け、硬X線望遠鏡の開発に携わった。続く「ようこう」では、計画提案と軟X線望遠鏡の開発、「ひので」では、計画提案と可視光望遠鏡の開発および運用責任者として計画を指揮し、日本の太陽観測衛星による研究を牽引してきた。また、観測ロケットや気球による観測や機器の開発を通して若手研究者との共同研究を進めながら後進の育成にも努めている。

受賞歴編集

  • 1996年 - 第12回井上学術賞(平成7年度)「X線・白色光観測による太陽フレア・コロナの研究」[3]
  • 2009年 - 日本天文学会林忠四郎賞「飛翔体観測装置による太陽の研究」[4]
  • 2019年 「太陽観測衛星による太陽電磁流体現象の研究」で日本学士院賞受賞

著書編集

  • 『太陽に何が起きているか』〈文春新書〉、2013年1月20日。ISBN 978-4166608881
編著

出典編集

  1. ^ a b c d e 所長より”. 宇宙航空研究開発機構/宇宙科学研究所. 2018年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月1日閲覧。
  2. ^ 常田佐久 国立天文台長 就任の挨拶”. 国立天文台. 2018年4月1日閲覧。
  3. ^ 顕彰・研究助成事業”. 井上科学振興財団. 2018年4月1日閲覧。
  4. ^ 林 忠四郎賞受賞者”. 日本天文学会. 2018年4月1日閲覧。