メインメニューを開く

平公(へいこう、? - 紀元前532年)は、中国春秋時代の君主(在位:紀元前557年 - 紀元前532年)。。幼くして君主となったが、羊舌肸(叔向)などの賢臣の補佐を得て晋の覇権を維持し、大過なくこの世を去った。

平公 姫彪
公(周制における爵位は侯)
王朝
在位期間 紀元前558年 - 紀元前532年
都城
姓・諱 姫彪
諡号 平公(荘平公[1]
没年 紀元前532年
悼公
后妃 少姜(少斉)

晋の悼公の子として生まれた[2]紀元前558年11月、悼公が死去すると、平公が後を嗣いで晋公として即位した[3]紀元前557年荀偃(中行偃)を将として晋軍をに侵攻させ、湛阪の戦いで勝利した[4]

紀元前555年、平公はと争い霊公を破って臨淄まで攻め込んだ[5]。翌紀元前554年、帰国の途上で正卿の荀偃が死去した[6]

欒盈(欒懐子)を追放して六卿の力を弱めようとしたが、欒盈はのちに亡命先から帰国して叛乱を起こした。欒盈の軍は瞬く間に首都・に侵入し、平公は自殺しようとしたが士鞅(范献子)にとめられた。のちに叛乱軍は正卿の士匄(范宣子、士鞅の父)によって鎮圧され、欒氏の宗族は滅ぼされた。

紀元前548年、士匄の死後、趙武が正卿になった[7]。趙武は賢臣・羊舌肸の献言をよく聞き入れ、徳義をもって国を治めたので晋は栄えた。次の正卿の韓起の代になってもそれは同じであった。

紀元前546年において「弭兵の会中国語版」を主催し、初めて南方の大国・楚との和議がなった[8]あと、紀元前544年から聖人として名高い季札が晋にやってきた[2]。季札は「晋の政権はこの三家()に帰するでしょう」と予言した。

羊舌肸がの使者[9]の接待役を命じる際に、子朱と争った。平公はこれを聞いて「晋は盛んになるだろうか。臣下の争うところは重大である」と(それだけ国事に真剣になってくれているのだ、と判断して)言うと、側に控えていた師曠は「公室はおそらく衰微するでしょう。臣下が徳ではなく力で競争しています」と言った[10]

紀元前532年7月戊子、平公は死去し[11]、子の昭公が後を嗣いだ[2]

脚注編集

  1. ^ 清華簡』「繋年」17章、18章
  2. ^ a b c 『史記』晋世家
  3. ^ 春秋左氏伝』襄公15年
  4. ^ 『春秋左氏伝』襄公16年
  5. ^ 『春秋左氏伝』襄公18年
  6. ^ 『春秋左氏伝』襄公19年
  7. ^ 『春秋左氏伝』襄公25年
  8. ^ 『春秋左氏伝』襄公27年
  9. ^ 『史記』晋世家には紀元前539年に斉の晏嬰が来た際、これと似た会話がなされている。
  10. ^ 『春秋左氏伝』昭公8年(紀元前534年)には、平公が「石がものを言ったのはなぜか?」と問う同様の会話がある。
  11. ^ 『春秋左氏伝』昭公10年

参考文献編集