メインメニューを開く
 
平房世
時代 平安時代初期 - 前期
生誕 不明
死没 元慶7年8月21日883年9月25日
改名 房世王→平房世
官位 正四位下因幡守
主君 仁明天皇文徳天皇清和天皇陽成天皇
氏族 桓武平氏
父母 父:仲野親王
兄弟 茂世王輔世王基世王当世王
季世王、秀世王房世潔世王実世十世王班子女王、在世王、康世王、
利世、惟世、胤世王、宜子女王
テンプレートを表示

平 房世(たいら の ふさよ)は、平安時代初期から前期にかけての皇族貴族。当初房世王を名乗る。桓武天皇の孫で、二品仲野親王の子。官位正四位下因幡守

経歴編集

承和13年(846年)二世王の蔭位により无位から従四位下に直叙され、治部大輔に任ぜられる。承和15年(848年宮内大輔に転じて、仁明朝末から文徳朝にかけてこれを務めた。

文徳朝末の天安2年(858年武蔵権守次いで越中権守に転じると、貞観3年(861年越前権守清和朝初頭まで地方官を務める。貞観4年(862年)従四位上に叙せられるが、まもなく散位となる。貞観5年(863年平朝臣姓の賜与を上奏し許されて臣籍降下する。貞観6年(864年弾正大弼に任ぜられて一時的に京官に復するが、翌貞観7年(865年)に河内権守として再び地方官に転じると、その後河内守・摂津守・因幡守と清和朝後半から陽成朝にかけて地方官を務めた。またこの間、陽成朝初頭の貞観19年(877年)には正四位下に叙せられている。

元慶7年(883年)8月21日卒去。最終官位は正四位下行因幡守

官歴編集

六国史』に基づく。

参考文献編集