メインメニューを開く

平良木 登規男(ひららぎ ときお、1942年2月5日 - )は、日本法学者である。慶應義塾大学名誉教授大東文化大学法科大学院教授。日本刑法学会所属。専門は刑事訴訟法環境法司法制度論(刑事)。近年は、経済刑法の研究分野に関心。司法制度改革においては、裁判員制度導入検討の中心メンバーである。

略歴編集

  • 1942年 - 北海道釧路市生まれ
  • 1965年 - 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
  • 1967年 - 慶應義塾大学大学院法学研究科公法学専攻修士課程修了・司法修習生21期
  • 1969年 - 裁判官任官(仙台地方裁判所判事補
  • 1972年 - 東京地方裁判所判事補
  • 1975年 - 青森地方・家庭裁判所判事補
  • 1978年 - 東京地方裁判所判事補
  • 1979年 - 東京地方裁判所判事
  • 1980年 - 裁判所書記官研修所(現・裁判所職員総合研修所)教官
  • 1983年 - 札幌地方裁判所判事・札幌高等裁判所判事職務代行
  • 1985年 - 札幌高等裁判所判事
  • 1987年 - 判事退官、慶應義塾大学法学部助教授
  • 1988年 - ドイツ・ケルン大学留学
  • 1989年 - 法学博士(慶應義塾大学)(学位論文「刑事控訴審の研究」)
  • 1991年 - 慶應義塾大学法学部教授
  • 1998年 - 慶應義塾中等部長(〜2002年)
  • 1999年 - 司法試験第二次試験考査委員(刑事訴訟法)に就任(〜2004年)
  • 2002年 - 司法制度改革推進本部 裁判員制度・刑事検討会委員、公的弁護検討会委員(〜2004年)
  • 2004年 - 慶應義塾大学大学院法務研究科(法科大学院)教授・委員長
  • 2004年 - 法科大学院協会理事
  • 2005年 - 中央教育審議会大学分科会 法科大学院特別委員会委員
  • 2006年 - 株式会社岡三証券グループ社外監査役就任
  • 2007年 - 慶應義塾大学名誉教授
  • 2008年 - 大東文化大学大学院法務研究科(法科大学院)教授(刑事訴訟法)
  • 2010年 - 大東文化大学大学院法務研究科長(法科大学院長)

著書編集

外部リンク編集