平野かよ子

日本の看護学者

平野 かよ子(ひらの かよこ、1948年 - )は、日本の看護学者社会福祉学博士神奈川県出身[1][2]

来歴編集

聖路加看護大学卒業、立教大学大学院修士課程修了(社会学)、東洋大学大学院博士課程終了(社会福祉学)。聖路加国際病院看護師保健師を経て、東京都東村山保健所保健師を経験。1992年から2008年まで、公衆衛生従事者の研修機関である国立公衆衛生院2002年国立保健医療科学院に改組)公衆衛生看護部に勤務。2001年、日本保健師活動研究会(旧・日本公衆衛生看護研究会)会長に就任。これまでに聖路加看護大学講師日本赤十字看護大学講師、東北大学大学院医学系研究科保健学専攻・教授を歴任。2013年から長崎県立大学参与・特命教授[3][4]

学歴編集

  • 1972年 - 聖路加看護大学衛生看護学部衛生看護学科卒業[5]
  • 1974年 - 立教大学社会科学研究科応用社会学専攻修士課程修了[3][5]
  • 1994年 - 東洋大学社会福祉学研究科社会福祉学専攻博士課程終了[1][5]

職歴編集

  • 1978年( - 1981年) - 聖路加看護大学講師[5]
  • 1981年( - 1988年) - 東京都東村山保健所保健師[4]
  • 1988年( - 1992年) - 日本赤十字看護大学講師[5]
  • 1992年( - 1994年) - 国立公衆衛生院室長[5]
  • 1993年( - 1999年) - 厚生省保健指導室長[4]
  • 1999年( - 2002年) - 国立公衆衛生院部長[5]
  • 2002年( - 2008年) - 国立保健医療科学院部長[4][5]
  • 2008年( - 2013年) - 東北大学大学院医学系研究科保健学専攻・[6]教授[4][7]
  • 2013年 - 長崎県立大学参与・特命教授[4]

委員歴編集

学術受賞編集

  • 2008年 - 日韓合同地域看護学会ポスター発表優秀賞[7][8]

主な著書編集

  • 『セルフ・ヘルプグループによる回復』川島書店、1995年5月。ISBN 9784761005580
  • 『地域特性に応じた保健活動』ライフ・サイエンス・センター、2004年2月。ISBN 9784897810362
  • 『最新保健学講座 2』メヂカルフレンド社、2004年11月。ISBN 4839212767
  • 『最新保健学講座 5』メヂカルフレンド社、2011年12月、第3版。ISBN 9784839221751
  • 『ナーシング・グラフィカ 7』メディカ出版、2004年10月。ISBN 9784840410991
  • 『ナーシング・グラフィカ 8』メディカ出版、2009年1月、第2版。ISBN 9784840425292
  • 『健康と社会・生活』メディカ出版、2013年1月、第3版。ISBN 9784840441179

博士論文編集

  • 『地域保健・福祉におけるセルフ・ヘルプグループの意義 : Alcoholics anonymousを例として』東洋大学、1994年3月。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 地域保健衛生システムの復興を支援 (PDF)”. 東北大学. 2015年5月20日閲覧。
  2. ^ 平野 かよ子(10119381)”. KAKEN - 科学研究費助成事業データベース. 2015年5月20日閲覧。
  3. ^ a b 保健師だより第3号 (PDF)”. 栃木県国民健康保険団体連合会 (2010年2月1日). 2015年5月20日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 地域保健 オピニオン保健指導リソースガイド”. 日本医療・健康情報研究所. 2015年5月20日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k 平野 かよ子 - 研究者”. researchmap (2008年12月24日). 2015年5月20日閲覧。
  6. ^ 基礎・健康開発看護学講座国際看護管理学分野
  7. ^ a b c d e f g 平野 かよ子 - 研究者”. researchmap (2013年8月20日). 2015年5月20日閲覧。
  8. ^ 平野かよ子教授 業績目録 (PDF)”. 東北大学. 2015年5月20日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集